スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

自動車整備工場の駐車場の花壇で、
風船の様な丸い大きな実をつける事で知られる、風船唐綿(ふうせんとうわた)の果実が見られます、
南アフリカ原産で、昭和初期に観賞用として渡来した、面白味一杯の風船唐綿(ふうせんとうわた)です。
花には、その色合い、香り、その花の造り、佇まい等、花の持つ美しさの対象も、様々ですが、
この風船唐綿(ふうせんとうわた)の花形は星型、花冠は白色で五裂、副花冠は淡い紫色で5片、
朱橙色の唐綿に比べ、案外地味な色合いから、その花よりも果実の方が、知名度が高い花です。

葉は、一見柳の葉に似て細く、
夏の後半の頃から初秋に掛け、星型の白い花を付けます、
その後、結実すると緑色のテニスボール大の、可成り大きな実を付けます、
その朔果の姿が、名前の由来にもなっている様です、
正月前後には、朔果は十分熟し、果実の表面が褐色となり、
パチンと弾けて、中から白い綿毛の種子を放出し、風に流され拡散します。

風船唐綿(ふうせんとうわた)(110445 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  蘿いも科
(ががいも)
 属   名  フウセントウワタ属
 原 産 地  南アフリカ
 植物分類  常緑小低木
 樹高・草丈  Max 3m
 開花時期  8月-9月
 花   色  淡緑白色
 花径・花序  約 10mm
 花   型  星型
 生育場所  公園、庭木
 花 言 葉  多忙
 かくされた能力
 撮影月日  2014.1.18
 撮影場所  宗像市 
  • 風船のように膨らむ植物として、唐綿、風船カズラと共に知られている
  • 花よりも、特徴の有る実の方が、知名度が高い
  • 樹高は、それほど大きくなくMax 3m位
  • 葉は線状の披針形、互生
  • 葉の脇から散形花序を出し、小さな白い花を10輪くらい付ける
  • 花形は星型、花冠は白色で五裂、副花冠は淡い紫色で5片
  • 萼は緑色で5つに裂ける
  • 晩秋には風船状の朔果、果実表面にはやわらかい棘が生える
  • 名前の風船とは、朔果が風船のように膨らむ様子に因む
  • 果実は初冬に熟し弾けて白い綿毛の種子が飛び出す
  • タンポポの様に風に乗って飛んでいきます
  • 和名 ふうせんだまのき

 

お正月前後の、実が茶色っぽく熟れる頃の果実の様子、
花よりも知名度は高く、風船の直径は7-8cm、表面に疎らに棘(トゲ)を持ちます、
棘は、刺さって痛い目に合うような、硬く鋭い棘と違い、案外柔らかい太めの毛のような物です。
茎に傷つけると、傷口から白い乳汁が分泌するのは唐綿と同じで、毒性が有り、乳汁には触らない方が無難です。

風船唐綿(ふうせんとうわた)の果実(86971 byte)

果実が成熟すると、朔果は大きく弾け、中から白い綿毛を持った黒い種が見えてきます。

風船唐綿(ふうせんとうわた)の綿毛(56376 byte)

朔果は大きく弾け続け、黒い種を持った綿毛が無数に放出されます。

風船唐綿(ふうせんとうわた)の綿毛(58610 byte)

風が吹くと、タンポポの綿毛のように、風に吹かれて、フワフワ空中に飛び出します。

風船唐綿(ふうせんとうわた)の綿毛(52909 byte)

下は、風船唐綿の花です、色合いは違いますが、唐綿と良く似た花姿です、
唐綿の花が上に向いて咲くのに対し、この風船唐綿の花は、下に俯き加減に下垂します。

風船唐綿(ふうせんとうわた)の花

スポンサーサイト
花遊悠さん
チャピ | URL 01/19 16:50 | edit
こんにちは^^*

お花がかわいいです。

応援ポチ☆

PS
応援ポチ☆だけで失礼しています。
いつも写真みせていただけてありがとうございます。
チャピさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/19 19:26 | edit
チャピさん、お気遣い無く、
忙しい筈なのに、何時も恐縮しています、
当方こそ、マイペース過ぎてる分はご容赦下さい、
どうも有り難う御座いました。
アロマのみっちゃんさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/20 19:02 | edit
腫れ上がった指も、すっかり綺麗になって来たそうで、大変な災難でしたが、一安心ですね、
植物によってカブレ、植物によって、症状も改善に向かったそうで、持ってる、知識が功を奏しましたね、
自分の足を使って、「楽しい・幸せな時間」をお届けするのだと、
ボランティア活動も予定しているそうで、立派ですね、
良き思い出を、そして心の宝を、沢山増やせると良いですね、
応援しています。
らいとNGC7000さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/21 20:36 | edit
お寒う御座います、
仰られるように、記事の、風船唐綿(ふうせんとうわた)と、風船蔓(ふうせんかずら)は、
風船唐綿が、蘿いも(ががいも)科、フウセントウワタ属、一方の、
風船蔓は、無患子(むくろじ)科、フウセンカズラ属の植物で、
風船という名前が付いていますが、全く別の種類の植物です、
こう言う、良く似た名前でも、全く別の種類の植物だった、と言うことは、良くありますね。

不思議な体験が続いているそうで、
物事に余り拘りが無く、何事にも淡泊で、呑気者のノー天気な自分ですが、
Net上では、時間の制約もあることから、至ってマイペースを通しているため、
根は真面目で、丁寧さだけは、持ち続けているつもりなんですが、
ややもすると、他人様を思いやる、気遣いが欠けているかも知れません、
得難い話で、貴重な良い話でした、有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1696-5e3a85b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。