スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

ツツジの種類は大変多く、3300種近くあるようです。
その中の一つ、ドウダンツツジ属は、中国、日本、ヒマラヤなど、 東アジアに、10数種、
ツツジという名前が付いていますが、その花の形は一般のツツジとは大きく異なっており、
日本に四種が分布する、落葉低木です。

公園や、生け垣など、鑑賞用にも人気が高く、
開花時期の、4月~5月、スズランに似た、可愛い、白い、壺形の小花を、枝先に下垂させて咲かせます。
この白い花を満天の星に例え、ドウダンを満天星と書き、「満天星躑躅」とも書きます、
古くから、壷形の花の下垂している様を、灯明台(灯台)に見立て、「灯台躑躅」と言われます。

「下」 近所の公園の遊歩道、
灯台躑躅(どうだんつつじ)が紅い新芽を見せ始め、花が咲いているのかと勘違いさせる光景を見せています。
四月頃、開花前に、この新芽の葉っぱを、展開させます。

灯台躑躅(どうだんつつじ)の葉っぱの新芽(109003 byte)

灯台躑躅(どうだんつつじ)の葉っぱの新芽(55547 byte)

「下」 紅い葉っぱの新芽、花芽に勘違いしそうです、
細かく分岐した枝の先に、集まって互生している紅い新芽、開花前に、この新芽の葉っぱを展開させます、
この葉っぱの、紅葉は素晴らしく、ドーダンモミジと言われるほど、見事な紅葉の光景を見せてくれます。

灯台躑躅(どうだんつつじ)の葉っぱの新芽(36254 byte)

灯台躑躅(どうだんつつじ)の紅葉、ドーダンモミジと言われるほど、素晴らしい紅葉を見せてくれます。

灯台躑躅(54854 byte)の紅葉

下が、この灯台躑躅(どうだんつつじ)の花、
可愛らしい花は、乳白色の壷型、胴回り径 6~8mm、長さ10mm位、開口部径 3~4mm、
長い花柄で下向きに下垂、花冠開口部がぐっと絞られ、その先が軽く外側にカールし、壷型の花姿、
花冠端は五弁に浅裂しています。
ミツバチが、吸い管を伸ばしていましたが、ミツバチの頭が入らないくらいの小さな開口部です。
乳白色の花は、お洒落でもありシック、なかなか魅せてくれる、灯台躑躅(どうだんつつじ)の花です。
花は、5月の連休前後に見られます。

灯台躑躅(どうだんつつじ)の花(39140 byte)

スポンサーサイト
静 | URL 01/20 12:46 | edit
こんにちは。

ドウダンツツジはお花も可愛いですし、紅葉も真っ赤で綺麗ですよね。
もう新芽が出ているのですね。
ほんとうに花芽のようです♪
静 さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/20 18:54 | edit
冬枯れの殺風景な園内ですが、
先週末の様子で、紅いツボミに見える、新芽が目一杯付いています、
花が咲く前に、この新芽が展開し、5月の連休前後に、花が咲いてくれます、
壷型の花は愛らしく、この紅い新芽、及び紅葉も良いですね、
お孫さんの面倒を見るのは大変でしょうが、
大寒を迎え、寒さもこれから、ご自愛下さい。
うっしー | URL 01/20 21:28 | edit
こんばんは。
灯台躑躅は紅葉した時にばかり目が向いていましたが、
花は燃え立つ葉っぱの赤さからは思いも寄らない色と
可愛らしい形だったので驚きました。

ただ、ここでこうやって教えていただくものの、
秋のイメージばかりが頭に焼き付いているため、
花に出会ってもなかなか気づかないような気がします(汗)
みなみママ | URL 01/21 05:34 | edit
灯台躑躅の名前の由来、素敵ですね。
満天星なんて、なるほどと思いました。

赤い芽も綺麗です。
今度、よく見てみます。

お花の事を知るのは、とても嬉しいです。

そうそう、カメラを買い替えたので今度はお花や風景も撮ってみようと思っています。
参考にさせて下さいね。
うっしーさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/21 20:21 | edit
お寒う御座います、
仰るとおり、ツツジの仲間にしては、珍しく非常に小さな壷形の花で、
これが又、じつに可愛らしい花です、
ドウダンツツジの紅葉は、確かに朱が強く、綺麗ですもんね、
此方のイメージが強いと、仰られるのも、頷ける思いです、
5月の連休前後に花は開花しますので、
一度ゆっくり観察なさってみて下さい、
ミツバチが、花冠部に頭を突っ込もうとする仕草が見られるかも知れません、
どうも有り難う御座いました。
みなみママさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/21 20:27 | edit
お久しぶりです、
カニツアーの蟹ずくし三昧の記事以来ですが失礼しています、
ドウダンを満天星と書き、「満天星躑躅」とは、ポエムの世界ですね、
壷形の下垂している花の様を、灯明台(灯台)に見立てた灯台躑躅も、また素敵です、
この紅い新芽は、花が開花する前、葉が展開するまで見られますよ、
暫く見られますので、ご覧になってみて下さい、
このドウダンツツジの花に反して、気の毒な名前の花もありますね、
花の名前も、悲喜こもごもです、

カメラを買い換えたそうで羨ましいですね、
最新のカメラは、高機能で、私の12~3年前の、400万画素のコンデジとは随分違いますね、
色々アダプターを自作し、壊れるまで使い潰そうと思っていますが、
ぼつぼつ、買い換えの潮時かと思っていますが、まだまだ昇天しそうもありません、
良い写真、また拝見させてください、

当地は今朝から断続的に雪で、寒くなって来ています、
大寒の暦通り、寒さが続きそうです、ご自愛下さい。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1697-c1bfd854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。