スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

随分暖かい天気になり、季節が1ヶ月くらい進んだ陽気です、
暖かくなったとは言え、高原の山腹の急坂のカーブ地点の、コーナー、コーナーには、
融雪用の、塩化カルシュームの袋詰めが、点々と置かれています、
この陽気に誘われ山野草の芽吹きも見られる様になってきました。

節分草(せつぶんそう)は、金鳳花(きんぽうげ)科、セツブンソウ属の多年草、
この花は、その名の通り旧暦の節分の頃に開花する球根植物です、
実際は、2月の節分の頃に咲くのは稀で、自生地では3月近くになってから咲きます。
花びらに見えるのは萼(ガク)、花びらは退化して、黄色い小さな蜜腺になってしまい目立ちません。
福寿草、雪割草、節分草が、春を招く初春の代表花と言われており、
厳しい環境下で健気に花を咲かす野草ですが、力強くも有り、素朴な魅力があります。

近くを探してみましたが、所々で芽吹いてはいますが、寒気が強かったこのシーズンは、
例年に比べ傷みが目立ち、探し回って綺麗な花のみ撮影です。

節分草(せつぶんそう)(86156 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  金鳳花科
(きんぽうげ)
 属   名  セツブンソウ属
 原 産 地  関東地方以西
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  10cmほど
 開花時期  2月-3月
 花   色  白
 花径・花序  2cm
 花   型  一重咲き
 八重咲き
 生育場所  落葉樹林下
 花 言 葉  光輝、微笑み
 撮影月日  2014.3.1
 撮影場所  宗像市 
  • 山裾の石灰岩質の山地の落葉樹林下などに生える多年草
  • 茎は直立、又は斜上
  • 地下に球状の塊茎
  • 根生葉は、総苞状で2枚が対生3深裂、柄があり5~10cm、
  • 裂片は更に放射状に切れ込み細裂す
  • 茎頂に白色 5弁花を一輪咲かす
  • 花弁に見えるのは、他のキンポウゲ科の花と同様、萼が変化したもので5枚
  • 花弁は退化して花芯部周囲に10数本、先端がV状に2裂した黄色い蜜槽を持つ
  • 薄紫色が雄しべ
  • 雌しべ 2~5個
  • 初夏の時期には地上部は枯れ、地下には1~2cmの丸い根茎を持ち越年す
  • 旧暦の節分のころに咲くのでこの名がある
  • 環境省レッドデータブックでは絶滅危惧II類に指定

 

節分草(せつぶんそう)(48839 byte)

節分草は、地下の1.5cmほどの塊茎から、数本の花茎を伸ばし、不揃いに分裂した苞葉をつけます、
花茎は、せいぜい10-15cm程度、その先端に1-2個の白色の5弁の花を咲かせます、
花びらのように見えるのは萼で、花弁自体は退化し、雄しべと共に黄色い雄しべ状の蜜槽となり並んでいます、
姿を変えた蜜槽は目立ちませんが、先端はV状に2裂し、裂片の先端が蜜腺になっています、
退化したとは言え、昆虫をおびき寄せる大切な役割を担っています。

節分草(せつぶんそう)(50215 byte)

スポンサーサイト
涼風の庭さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 03/10 20:25 | edit
お寒う御座います、
寒かった長い冬でしたが、当地は漸く春めいてきそうな天気予報です、
とは言え、信州の春は遅れるでしょうが、当地は明日辺りから暖かくなってくれそうです、
春の訪れを運んでくれる、儚い春の植物、本当に健気ですね、
当地の高原では、ぼつぼつ春の気配が感じられ、
スプリングエフェメラルの健気な姿もちらほらです、
涼風の庭さん家の、庭でも芽吹きが報告されていましたが、
何とも健気で、嬉しい光景ですね、
又見せてください、有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1746-4f3949cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。