スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:3 | TRACKBACK:0| edit

GW期間中の当地の低山、縦走路三つ目のピーク、ここはロープ伝いの可成りの縦走路である、
この縦走路に近い沢沿いは、例年季節の草花が楽しめる場所です、
例年5月の撮影記録に残っている、銀竜草(ぎんりょうそう)が、早くも見られます。

山地の、やや薄暗い林内に生える菌根植物(腐生植物)の、銀竜草(ギンリョウソウ)は、
我が国の各地、朝鮮半島や中国、台湾それにインドシナ半島、サハリンに分布し、
イチヤクソウ科の多年草です。

菌根植物(腐生植物)ですが、れっきとした草の仲間で、
キノコのように暗い湿った場所を好み、透き通った花姿で、葉緑体を持たず、光合成をする能力が有りません、
葉緑素を持たない為、色素が無く、透明感のある白色の花姿をしています。
もっぱら落ち葉の積もった森に根を張り、この根に有機物を分解する菌類が共生して、
栄養分を、この菌類を経由して得ることにより成長する共生植物です。

初夏から夏にかけて、複数の花茎が、まとまって地上に出し、Max 10cmほどになります、
葉は退化して鱗片状、茎に楕円形の鱗片の茎姿を持ち、
花茎の先端に、横向きか、やや俯き加減の、一輪の円筒形の花を咲かせます、
花期は5月~8月、
別名 幽霊茸(ユウレイタケ)。

写真は、南東側急斜面の、窪地の枯れ葉堆積培地に、にょきっと顔を出した、銀竜草(ぎんりょうそう)

銀竜草(ぎんりょうそう)(99555 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  イチヤクソウ科
 属   名  ギンリョウソウ属
 原 産 地  日本、朝鮮半島
 中国、台湾
 インドシナ半島
 サハリン
 植物分類  多年草
 腐生植物
 樹高・草丈  Max10cm
 開花時期  5月-8月
 花   色  白(白濁色)
 花径・花序  凡そ10mm
 花   型  壺状円筒形
 生育場所  山地の林床
 湿り気のある林中
 花 言 葉  はにかみ
 そっと見守る
 撮影月日  2014.5.6
 撮影場所  宗像市 

落ち葉の積もった森に根をはり、この根に有機物を分解する、
菌類が共生して、この菌類を経由して栄養分を、得て成長する共生植物。

  • 葉緑素を持たず、全体が白く、多肉質
  • 茎は直立した円柱状
  • 鱗片葉と呼ばれる葉の退化したものが、鱗のように全体を覆い、
    10枚~20枚が重互生
  • 花茎は枝分かれは無く、先端に1輪の花をつける
  • 茎先に壺状円筒形の花を1個、横向きか俯き加減につける
  • 3枚から5枚の花弁を重ね合わせている
  • 全体は円筒形、先端がやや広がる
  • 花冠端からは雄蘂と雌蘂の先端が見える
  • 雌蘂の先端は円形で平たく、紫色を帯びる、雄しべは黄色
  • マルハナバチなどによる受粉
  • 萼片は1枚~3枚で鱗片状
  • 花期が終わると地上の植物体は黒く変色し、卵形の液果を付ける
  • 根を含む全草、生薬の水晶蘭(すいしょうらん)として利用
  • 薬効 強壮、強精、鎮咳など
  • 名の由来は、全体の姿を白銀色の竜に見立てたもの
  • 別名 幽霊茸(ゆうれいたけ)

 

花茎には鱗片状の葉が取り巻くように付いており、花茎が伸びるに連れて花茎の最上部の花びらが開きます。

銀竜草(ぎんりょうそう)(60575 byte)

透き通るように色合いで薄っぺらい感じながら、摘んでみると、見かけより弾力があり、硬い肌触りです、
葉緑素を持た無いため、シベを除き色素が無く、透明感がある、全体が透けた白色の花は、
キノコのように見える草姿です。

茎先の花は壺状円筒形、横向きか俯き加減、先端がやや広がる花を、1個つけます、
花冠面からは雄蘂と雌蘂が僅かに見え、雌蘂の先端は円形で平たく、紫色を帯び、雄しべは黄色です。

銀竜草(ぎんりょうそう)(45484 byte)

昼なお薄暗い山中、山腹の窪地に堆積した、小枝や枯れ葉が朽ち、腐葉土みたいになっている場所、
足を踏み入れると、靴が枯れ葉に埋もれる感じの、ふわふわした腐葉土環境です、
加えて、北+西風等が直接当たらない山陰等が、生息に適しているように感じます、
この場所も、縦走路ピークとピークの間の南東側斜面窪地で、掘り状になっている場所で、
写真で判るように、大変な急斜面、真っ直ぐには立てず、近くの木の根っこを踏み台にしないと、滑り落ちます、
急斜面だけに、10cmに満たない低い草丈の撮影も、下から見上げる角度で、何とか撮れる被写体です、
白く浮かび上がるように咲く、小さな花は、意識していても、見落としそうな佇まいです。

銀竜草(ぎんりょうそう)(65065 byte)

スポンサーサイト
静 | URL 05/09 19:38 | edit
こんばんは。

ギンリョウソウ、早いですね!
とても綺麗です♪
今日は山歩きしましたが、愛媛の山ではまだ咲いていませんでした。
静 さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 05/09 20:33 | edit
ご無沙汰しています、
GW期間良い天気が続きましたね、
山中は、エビネだとか、采配蘭、鳴子ゆり等、
思いの外、沢山の花が咲いていましたので、撮ってきました、
山歩きされたそうで、四国からタイムリーな情報期待しております、
何時も楽しませていただいております、
有り難うございました。
map*ccさん、こんにちわ、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 05/10 15:35 | edit
菌根植物(腐生植物)の銀竜草(ぎんりょうそう)が咲き始めていました、
生育場所を選ぶ植物だけに、環境に大いに影響受ける植物みたいです、

黄海老根(きえびね)は、自生する東洋ランの仲間です、
海老根蘭の園芸品種で、海老根蘭の黄花版の一つで、全体に一回り大型です、
山中で咲く、海老根蘭の佇まいは、何とも言えぬ素晴らしさが有ります、
きつ~い山登りですが、こんな花に出会えると、疲れも吹っ飛びます、
全てを忘れ、撮影に夢中に為っている、至福の時間、最高のリラックスモードです、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1807-037d96ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。