スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

登山道脇に、瓢箪木(ひょうたんぼく)の花が疎らに咲いています、
スイカズラ科の落葉低木、樹高はMax1.5mくらい、
4~6月に掛け、枝の上部の葉腋に、2個ずつ並んで花をつけます、花冠は深く五つに裂け放射状、
花色は咲き始めは白色で、徐々に黄色に変色してゆきます、
この花の色が、一本の木で、白と黄色の花が混在することから、金銀木(きんぎんぼく)の別名があります。

初夏の頃、鮮やかな赤い実を2個、瓢箪のように合着させて付けます、
この瓢箪の様な実の姿から、瓢箪木(ひょうたんぼく)の名が付きました。
この瓢箪みたいな可愛い実は、液果で直径 8mm位、いかにも美味しそうに見えますが、
嘔吐、下痢、痙攣、昏睡などを引き起こす毒を含んでいますので、注意が必要です。

瓢箪木(ひょうたんぼく)(55495 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  吸葛科
 (すいかずら)
 属   名  スイカズラ属
 原 産 地
 分 布 地
 日本
 植物分類  落葉低木
 樹高・草丈  凡そ 1.5m
 開花時期  4月~6月
 花   色  開花後は白色
 ~数日後黄色
 紅色
 花径・花序  凡そ 2cm
 花   型  筒形花冠5深裂
 生育場所  山野、庭木
 花 言 葉  愛の絆
 撮影月日  2014.5.18
 撮影場所  宗像市 
  • わが国の固有種
  • 枝は細かく分枝
  • 枝の随は中空
  • 葉は楕円形から長楕円形、対生、裏面に毛が多い
  • 葉腋から花柄を伸ばしスイカズラに似た花を2個ずつ咲かす
  • 花色は初め白色、やがて黄色へと変色、花冠は筒形花冠5深裂
  • 紅花種は、花の色の変化ありません
  • 液果は紅色、2個合着させて付き瓢箪の形、実の形状が名前に由来、
    実は2個がくつついて瓢箪のような形になり、果皮が肉質で液汁が多い液果
  • 果実は嘔吐、下痢、痙攣、昏睡など有毒なので要注意
  • 別名の金銀木(キンギンボク)は、白と黄色の花が同時に見られるということに由来

 

瓢箪木(ひょうたんぼく)(45398 byte)

花は、葉腋から長さ10mm程の花柄の、筒形花冠端5裂の2花は、
ほぼ放射相称で、裂片の長さは10mmくらい、雄蕊は5本。

瓢箪木(ひょうたんぼく)(32082 byte)

瓢箪木(ひょうたんぼく)(99850 byte)

スポンサーサイト
アロマのみっちゃんさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 05/28 20:42 | edit
吸葛科の植物は大変多いですね、
その中の、スイカズラ属は、低木、若しくは蔓性と20種は下らないのではと思います、
私の取材した最近の分だけでも、吸葛、瓢箪木、鶯神楽、突抜忍冬、
属は異なりますが、吸葛科の箱根空木等空木の仲間、小葉の莢迷、丁字鎌酸実、大手毬、珊瑚樹、等の莢迷の仲間、
その他、庭常の仲間も多く、皆綺麗な花が多く、庭木にも人気の花達ではと思います、
花は、筒形の綺麗な花が多く、たいていの花は、多かれ少なかれ、微香を放っています、
中には吸葛の花みたいに、甘い蜜を吸えるような、花筒の奥に密を持つ花もあり、
果実は食べられる実もありますが、
この記事の、瓢箪木みたいに毒性の実を持つ木もあり、
それぞれ、多彩な特徴を持つ仲間の植物です。
有り難うございました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1825-d121d4d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。