スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

当地の睡蓮池の睡蓮がぼつぼつ開花始めています、
ここの自然公園は、自然の地形を極力活かした、100mくらいの標高差の山あり谷あり、私の取材箇所の一つです、
この公園の大池は、周囲1.5Km位の池で、大小の瓢箪型の池で小さい方の池が睡蓮池になっています。
大小の池の境は、葦が密生しており、大きな池の方では釣りを楽しまれる姿を見掛けます。
何時もこの池で見掛ける、鴨かアヒルか解らないけれど、今日も賑やかに餌を啄んでいます。

睡蓮は、睡蓮科、スイレン属の水生植物で、ハスと並ぶ水生植物の代表です、
我が国では、これらの植物を総称して、スイレンと呼ぶのが一般的です、
湖や沼に生育し、地下茎から茎を伸ばして、水面上に葉を浮かせます、
他の植物と違い、葉の表側に気孔があります。

花茎の先端に直径5cm~10cmくらいの花を咲かせ、水面もしくは僅かに立ち上がった姿で花を咲かせます、
ハスは花茎を、水面より高く持ち上げ、茎頂に花を付ける違いがあります。

本日の所、睡蓮(すいれん)、未草(ひつじぐさ)の2種のみが開花しています、
ここの睡蓮池では他に、ピグマエア・ヘルボラ、巨椋河骨(おぐらこおぼね)、浅沙(あさざ)が見られますが、
今日現在見られませんでした。

睡蓮(すいれん)(119893 byte)

睡蓮(すいれん)(50056 byte)

睡蓮(すいれん)(44303 byte)

睡蓮(すいれん)(39136 byte)

下3枚は、期待を込めた写真です、
以前、地元のお年寄りと、この場所で面談した折り、10年以上昔は、この池にも、蓮も沢山生えていたそうです、
何時の頃からか、鴨類が多く住み着いて水生植物が根こそぎ食べられてしまい、
年々蓮の数が激減し、最近はすっかり蓮が見られなくなったと嘆いておりました。

あのお年寄りの話を思い出し、睡蓮池の沖の方の色濃く、水面より立ち上がって、少し長い葉っぱが見られます、
希望的すぎるかも知れませんが、蓮の水面より立ち上がる姿に、見えなくもありません、
願わくば、蓮の花が復活してくれればの、淡い期待を込めた写真です。

睡蓮(すいれん)(104278 byte)

睡蓮(すいれん)(109079 byte)

睡蓮(すいれん)(110542 byte)

あの時の叔父さんが言っていた、鴨さんらしき野鳥の鳥が数羽いました、
この鳥が鴨か、アヒルかが、判別できず、流れで鴨とさせていただいておきます。

鴨(88600 byte)

鴨(93648 byte)

睡蓮(未草(ひつじぐさ))

睡蓮(すいれん)(87684 byte)

睡蓮(未草(ひつじぐさ))(93462 byte)

睡蓮(未草(ひつじぐさ))(37389 byte)

睡蓮(未草(ひつじぐさ))(32709 byte)

下が、この瓢箪池の、大池と睡蓮池との境の葦地帯、蒲の群生も見られます。

睡蓮(すいれん)池葦(90106 byte)

スポンサーサイト
らいとNGC7000さん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 06/03 20:03 | edit
大阪の長居植物園迄、睡蓮の撮影に、お出掛けなさったそうで、
アクティブな取材活動、素晴らしいです、
何時も、ベストタイミングな、良い写真撮られていますね、
場数を踏まれた取材活を動拝見し、楽しませていただいております、
有り難うございました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1831-0331c110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。