スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:1 | TRACKBACK:0| edit

山中では、百合科の仲間、甘野老(あまどころ)、宝鐸草(ほうちゃくそう)が、次々に咲いていましたが、
続いて鳴子百合(なるこゆり)が最盛期を迎えています。

概して山地の林下に自生が見られる鳴子百合(なるこゆり)は、
百合(ゆり)科、ナルコユリ属の多年草、本州~九州の山地の林下に分布しています、
茎は高さ50~90cmになり、茎は円柱形で花が付くと、弓状に大きく弧を描き、しなります、
葉は披針形で長さ10~15cm、茎上に2列に互生します、
葉腋から1本の花柄を出し、花柄の先が枝分かれし、その先に緑白色で長さ2cmほどの花を数個下垂させます、
花披は合着した筒状花、花冠は先の方が色が濃く、緑色を帯び、全開することはありません、
花床部と花柄の接点に膨らみがあり、甘野老(あまどころ)には、この膨らみは無く、つるんとしています、
花期は5~6月、
花後の果実は、暗緑色の球形の液果を熟します。

名前は、田畑を荒らす鳥や獣を追い払う、小さな板を並べてぶら下げた「鳴子」に見立てたのが語源です。

鳴子百合(なるこゆり)(96192 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  百合(ゆり)科
 属   名  ナルコユリ属
 原 産 地
 分 布 地
 日本、朝鮮半島
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  50cm~90cm
 開花時期  5月~6月
 花   色  緑白色
 花冠端は濃緑
 花径・花序  7mm~8mm
 花冠筒2cm位
 花   型  筒形
 生育場所  山地の林下
 花 言 葉  元気を出して
 撮影月日  2014.5.31
 撮影場所  宗像市 
  • 本州から九州にかけて分布し、海外では、朝鮮半島にも分布
  • 草丈は50cm~90cm
  • 地下茎は肉質で太く、節になって横走りする
  • 新しい根茎の先から、新茎は派生
  • 茎は円柱形、近縁種の甘野老(アマドコロ)の茎は四角張っている
  • 茎は花が付くと弓状に大きくしなる、甘野老(アマドコロ)は斜上する
  • 葉は披針形で、茎上に2列に互生、無毛、全縁
  • 葉の脇から花柄(花軸(かじく))を出し、その先で枝分かれし、
    緑白色の筒状の花を数輪下向きにつける
  • 花は花被片が筒状に合着した合弁花、花冠端は6浅裂、
    花筒の長さは2cmくらいで、先の方が濃緑色、全開しません
  • 雄しべは6本、花被の筒の中にあり、葯は花柱に合着した合着シベを形成
  • 良く似た宝鐸草(ほうちゃくそう)は、
    筒状に見える花披片は合着せず、茎上部で枝分かれし花を付けます
  • 花の後にできる実は、果皮が肉質で液汁が多い液果
  • 和名の由来は、花のぶら下がる様子を「鳴子」に見立てたもの
  • 根茎は生薬で黄精(おうせい)と言う、滋養、強壮薬とされる

 

花は、葉の脇から花柄を出し、その先で分岐し、緑白色をした筒状の花を、1~5輪下向きに咲かせます、
一つの花柄に数個の花を付けますので、花が咲く頃は、茎は大きく弧を描き、弓状に大きくしなります。

鳴子百合(なるこゆり)(70736 byte)

花筒の長さは2cmくらいで、花冠端の方は濃緑色、花を大きく開くことはありません、
花は花被片が筒状に合着した合弁花、花冠端は6浅裂しています、
雄しべ6本、雄しべの葯は、花柱に合着した合着シベを形成、雌しべ 1本、
花床部と花柄の付け根に、萼に相当する膨らみが有り、甘野老 あまどころ)には膨らみは無くつるんとしています。

鳴子百合(なるこゆり)(49709 byte)

鳴子百合(なるこゆり)の花は、花冠を大きく開くことはありません、せいぜいこの程度が目一杯開いた状態です。

鳴子百合(なるこゆり)(38606 byte)

一箇所の葉腋(ようえき)から複数の花を付け、一本の花茎には総数5~60個以上の花を付けるため、
花が咲く頃は、茎は大きく弧を描き、弓状に大きくしなります。

鳴子百合(なるこゆり)(88849 byte)

鳴子百合(なるこゆり)(86955 byte)

スポンサーサイト
map*ccさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 06/12 20:05 | edit
ご無沙汰しています、
そちらは雨が多いみたいですね、
此方は梅雨入り以降降水量8mmで、ほとんど降っておらず小雨梅雨が続いています、
時折り、お湿り程度で、小雨の記録の2番目に少ないとか気象台から発表されていました、
鳴子百合の姿は可愛いでしょう、小さな花を沢山付け、大きくしなってくれます、

サクランボの実が沢山生っているそうで、羨ましいですね、
紅く熟す頃なんでしょうけれど、雨で十分熟しそうもないとのこと、
亀裂が入っている実も出そうとのことで、残念ですね、
雨が早く上がって、熟してくれるよう祈るばかりです、
どうも有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/1833-f44cd141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。