スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

ハーブの一種、園芸店では、アキレアと表示されており、ノコギリソウの仲間では、一番大型の種類です、
草丈も1m近くまで大きくなり、花序径も20cmにも為り大きいです、
菊科、ノコギリソウ属、ロシアのコーカサス地方が原産の多年草です、
葉は、線状に互生し羽状に深く裂け、ノコギリの歯の様な形状で、羽状複葉、
6月~8月に掛け、茎頂に散房花序をつけ、小さな黄色い花を咲かせます、
西洋鋸草に似ていて、草丈は遥に大型、葉がノコギリのような形から、ノコギリソウの仲間として扱われます、
全草を薬用に使われ、若芽はサラダに、花はドライフラワーに利用されています。

黄花鋸草(アキレア)(117311 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  菊(きく)科
 属   名  ノコギリソウ属
 原 産 地
 分 布 地
 コーカサス地方
 植物分類  多年草・耐寒性
 樹高・草丈  Max1.5m
 開花時期  6月-8月
 花   色  黄橙色
 花径・花序  2-3mm
 花序10cm-20cm
 花   型  筒状花
 花冠5浅裂
 テーブル(傘)状
 散房花序
 生育場所  庭花、畑、公園
 花 言 葉  忠実、戦い
 悲哀を慰める
 真心を持って
 撮影月日  2014.6.28
 撮影場所  宗像市 
  • 茎は直立し、良く分枝する
  • 茎や葉など全体に白い短毛有り
  • 葉は両面とも白緑色、羽状に深裂し、羽片はさらに中~深裂す
  • 葉の形が特徴で、鋸の歯のように細かく裂け、「しだ」に似た羽状複葉、互生
  • 鮮やかな黄色の小花がテーブル状の散房花序、花序姿はテーブル(傘)状、花序経10cm~20cm
  • 頭花は直径2-3㎜、冠毛はなく黄色、1-2個の舌状花+20個ほどの筒状花で花序を形成
  • 複数の頭花が密集し大きなテーブル状の花序を形成す
  • 頭花の花は、超小型、筒状花は花経2-3mm、花冠5浅裂、
  • 舌状花は雌性、舌部は幅が広くて短く、総苞は長さ3~4㎜
  • 花色は、他に白、ピンク色が有り
  • 土質を選ばず陽当たりの悪い環境でも、水はけさえ良ければ毎年花を咲かす
  • 初夏のころから霜が降りる頃まで開花期間長い
  • ハーブの仲間・葉や茎に特有の香り有り、葉にはビタミン、ミネラルを含む
  • 英名、ヤロウイエロー(yarrow yellow)

 

花序は、茎頂に散房花序、花序径20cmにも為ります。

黄花鋸草(アキレア)(100368 byte)

花は極小、花径2-3mmの花が固まってテーブル状に見えます。

黄花鋸草(アキレア)(41688 byte)

黄花鋸草(アキレア)(45951 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。