スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

梅雨入りしてからも、少雨傾向が続いていた当地も、
先週末の梅雨らしい、しとしと雨が植物達へ潤いを与えてくれたようです、
雨が山中を潤し、湿度が、この時期なりの高さを維持し始めたようです、
こうなると、蚊、蝿、ブヨ等の襲撃に曝される目に合い、嫌な思いをさせられます、
この為、蚊取り線香、ウチワは必需品、出会う人も皆同じ思いなのでしょう、ウチワを持った人と良く会います。
高温、高湿度の環境が整うと、キノコ類の世界に勢いが付く様になります、
倒木、古木が中心ですが、相当高い位置で増殖も見られ、キノコ採りの人も良く見掛けます。

今回撮ったキノコは、木耳(きくらげ)
見つけた場所は、大きな古木の、5~6m位の高い場所の、幹に着生した木耳(きくらげ)
場所が場所だけに、望遠で狙うしか有りませんが、撮影者泣かせの場所です。

木耳(きくらげ)(111681 byte)

下は、別の場所の古木の幹に着生した木耳(きくらげ)、此方は、地面近く1mくらいの場所に沢山見られます。
木耳(きくらげ)には、黒木耳、白木耳が有りますが、
黒木耳には、コレステロール値、血糖値、血圧を下げ、脳梗塞、心筋梗塞の予防等の薬効があり、
白木耳には、肝機能を強化、植物性のコラーゲンを含むので、肌に潤いを与え、
続けて摂取するとシミ、ソバカスにも効果が有ると言われ、
中華料理に使われる、黒くてコリコリした食材を思い出しますが、
木耳(きくらげ)には、ビタミンD、鉄分、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれ、
カルシュウムは牛乳の3倍、鉄分はレバーの3倍と言われています、
見た目以上に、健康食品としても見直されている食材みたいです。

木耳(きくらげ)(83089 byte)

下は別の場所、倒木に着生している木耳(きくらげ)、
木耳(きくらげ)は、乾燥すると黒褐色になっていき、カラカラになって硬く縮みます、
生えた状態では透明感があり、ゼラチン質で柔らかく、内側は滑らかで、
人の耳のような形状~お椀型など、様々な変化に富んだ姿で見られます。
直径が2~5cmに為り、稀にもう少し大きいものも見られます。

木耳(きくらげ)(91518 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。