スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

捩花(ねじばな)は、土手や、芝生で見かける植物で、野草扱いですがラン科の花です。
ラン科の花には珍しく、人間の生活圏内に普通に自生し、ミニサイズながらカトレア等と似た花姿で、
ラン科であることが判ります。
この花の最大の特徴は、茎が捻れて螺旋階段状に花を付けます。
目立たない植物ですが、初夏の草地には欠かせない、清々しさを醸し出す貴重な花で、
アップで見るとラン科の花だけに、雑草とは思えない可愛いらしさが有ります。

下は、弓道場横の草地、茎頂部も、 組み紐みたいな、ねじれ形をしており、自然のアートに目を見張ります。

捩花(ねじばな)(92334 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  蘭(らん)科
 属   名  ネジバナ属
 原 産 地
 分 布 地
 日本、中国
 ヒマラヤなど
 植物分類  宿根草
 樹高・草丈  10cm~40cm
 開花時期  5月~7月
 花   色  桃色、白色
 花径・花序  2mm~5mm
 花   型  蘭型
 生育場所  公園芝生内
 草地
 花 言 葉  思慕
 撮影月日  2014.7.5
 撮影場所  宗像市 
  • 日当たりのよい草地を好む
  • 葉は根生、先尖りの楕円形、長さ5cmほど
  • 茎には披針形の鱗片葉がつく
  • 初夏の頃から螺旋状にねじれた穂状花序
  • 花茎の周囲に螺旋状に下から上に順次花を付ける
  • ピンク色から紅紫色の花を横向きに咲かす、まれに白花もある
  • 色の濃淡には個体差が有る
  • 花は極小3mm~5mm
  • 螺旋の巻き方にも 左巻きだけではなく、右巻きのものもある
  • 別名 捩摺(モジズリ)

 

捩花にも右巻きと左巻きが存在します、下の写真にも左巻き、右巻きが何本かずつ見られます、
ランダムに存在することから、特別な規則性は無さそうな気がします、
ねじれの度合いも様々、結構ランダムです。

捩花(ねじばな)(59135 byte)

捩花(ねじばな)(36826 byte)

花は蘭型花冠、左右相称、中央下部の花弁が大型、特殊化した唇弁でゼリーみたいな質感です。

捩花(ねじばな)(39525 byte)

捩花(ねじばな)(47109 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。