スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四季の花 | edit

ダム湖に向かう市道沿いの斜面に、橙色の果実が見えます、近づいてみると梔子(くちなし)の実です、
茜(あかね)科、クチナシ属、常緑低木の、東アジアに広く分布する花木です、
花は一重咲きが基本種で、八重咲き、大輪咲きも有り、
矮性品種として、花と葉が小振りな、姫梔子、 小梔子等も、多く出回っています。
樹高 1m~1.5m、開花期 6~7月、花弁数 5~6枚、花径 10cm前後、花色 白、
果実長 1.5~2cm、果実色 赤、結実期 10~11月、
一方、梔子(くちなし)は、芳香の花として知られており、
甘~い香りに誘われ、季節到来を知らせてくれる、芳香の花です、

  • 初春の沈丁花、
  • 春の羽衣ジャスミン、匂バンマツリ、
  • 夏のクチナシ、
  • 秋の金木犀、

等が、各季節の代表的な芳香の花として知られており、季節を知らせる、自然からの素晴らしいプレゼントです。
他に、水仙、木香薔薇、 薔薇等も、忘れてはならない、芳香の花の一つです。

この梔子(くちなし)の実は、
秋に成熟し、サフランと同じ成分である、クロシンが含まれ、黄色の着色料となります、
乾燥させた果実は、黄色に着色する色素とし、栗キントンや、和菓子、タクアンの着色料になる自然食品で、
乾燥させた梔子(くちなし)の実を、披染色材料と一緒に煮ると着色する事は知られています、
一方、漢方、生薬として、山梔子(さんしし)と言う名前で、
消炎、利尿、止血薬として、古くから薬用としても活用されて来ました。

梔子(くちなし)の実(53773 byte)

梔子(くちなし)の実(47182 byte)


秋には実は熟し色付きます。

梔子(くちなし)の実(43614 byte)


一重咲きの梔子(くちなし)の花。
開花時期は、 6/15 ~7/末頃まで、一重咲きは早咲きで、八重咲きは、やや遅咲きになります。

梔子(くちなし)(28873 byte)

八重咲きの花。
一重咲きは結実しますが、この八重咲きの園芸品種は結実しません。

梔子(くちなし)(35178 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。