スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

浜木綿(はまゆう)の群落の開花が最盛期です、
浜木綿 (はまゆう)は、彼岸花科、浜万年青のことで、常緑の多年草本、7月~8月に掛けて開花します、
浜木綿(はまゆう)を、「浜木綿」と書くのは、花弁を白い木綿糸に例えられたようで、
その白い花びらは、清楚で気品があり、繊細さを感じさせます。

開花は、夕方頃から始まり、日没後に、甘~い、芳香の香りを漂わせます、
南方の原産で、種子が暖流に乗って、当地 砂丘地帯に漂着、増殖したものです、
自生群落地としては、日本海側沿岸では、数少ない自生地の一つに当たります。

浜木綿(はまゆう)(83723 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  彼岸花科
 (ひがんばな)
 属   名  クリナム属
 原 産 地
 分 布 地
 関東から沖縄
 植物分類  半耐寒性宿根草
 樹高・草丈  50cm~1.5m
 開花時期  7月~9月
 花   色  白
 花径・花序  6cm~8cm
 花   型  筒状花
 生育場所  海辺、公園、花壇
 花 言 葉  あなたを信じます
 汚れがない
 撮影月日  2014.7.26
 撮影場所  芦屋町 
  • 温暖な海浜で見られる海浜植物
  • 草丈 50cm~1.5m
  • 茎に見えるのは仮茎
  • 葉は厚く光沢、帯状の大きな葉
  • 花茎を伸ばして頭頂に散形花序
  • 花序は苞に包まれており開花時に垂れ下る
  • 短い花柄、白く細長い花被、先端部は強く反り返る
  • 長い花冠筒は筒状、花被片6深列
  • 雄しべは中央部より先端が紅紫色、6本、葯はT字型
  • 花序には10~20数個の白い花で構成
  • 開花は夕方頃から始まり、甘い芳香
  • 大型のスズメガ科の蛾が吸蜜し花粉を媒介する
  • 別名 浜万年青 (はまおもと)

 

花は、花冠筒が大変長く、花弁の一枚一枚が大変細く、外側に強く反り返り、大変優雅な造りです。

浜木綿(はまゆう)(48241 byte)

花は、ハマオモトという、別名があるように、花を覗けば大型の「万年青(オモト)」の株に似ています、
花茎を伸ばして頭頂に、放射状に散形花序、花序には10~20数個の白い花で構成されます。

浜木綿(はまゆう)(68675 byte)

浜木綿(はまゆう)(106777 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。