スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

車花(くるまばな)

里山を流れる小川の土手沿いに、点々と車花(くるまばな)が咲いています、
早春に咲く仏の座を連想させますが、此方は草丈が50~80cmと遙かに大きく、
遠目での花の付き方が、段菊の花姿を彷彿させます。

花が、花茎に輪生して咲く姿が、茎を車軸に、輪生して咲く花を、車の車輪に見立てられた様で、
同じ様な名前の由来の花も有るようです。
また、シソ科の植物に共通な四角形をした茎は 仲間のイヌゴマなどと同じ特徴があります。

車花(くるまばな)(99637 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  シソ科
 属   名  トウバナ属
 原 産 地
 分 布 地
 北海道~九州
 朝鮮半島
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  20cm~80cm
 開花時期  7月~9月
 花   色  淡い紅紫色
 淡い赤
 淡い紫、他
 花径・花序  8mm~10mm
 花   型  唇形
 生育場所  山地
 草地、道端
 花 言 葉  悲しく~
 そして美しく
 撮影月日  2014.8.23
 撮影場所  宗像市 
  • 茎の断面は4稜形、下向きの短毛が疎らに生える
  • 葉は長さ5~15mmの葉柄が有り、対生、縁に鋸歯、
    葉は、卵形または長卵形で長さ2~4cm、基部は丸い
  • 葉の縁、葉脈に短毛が有り、表面に短毛が散生す
  • 茎先や、上部の葉のつけ根に、紅紫色の唇形の花を数段、輪生する
  • 花には線形の小包葉が有り、萼より長く突き出す
  • 花冠には外面に微毛があり長さ6~10mm、上唇は小さく、下唇は3つに裂け、内側に赤い斑点が入る
  • 雄しべは4個、うち2個が長い
  • 萼は紅紫色を帯び、開出毛が有る
  • 果実は、萼の奥に若い4分果が有り、熟すと部屋ごとに分かれる分離果、分果は長さ1mm
  • 和名の由来は、花が車軸状につくことから

 

車花(くるまばな)(75505 byte)

山野の日当たりの良い草地に生え、草丈Max80cm、茎には4稜があり、疎らに下向きの毛が生えています、
茎先に数段に輪状花序を形成し、上部の葉のつけ根に、10mmほどの淡い紅色の花を咲かせます。

車花(くるまばな)(47072 byte)

車花(くるまばな)(43684 byte)

車花(くるまばな)(96709 byte)


花虎ノ尾(はなとらのお)

花虎ノ尾(はなとらのお)(69617 byte)

花虎ノ尾(はなとらのお)(104490 byte)


烏瓜(からすうり)

日暮れ以降、夜間に咲くこの花は、昼間にこんな形では、余りお目に掛かれず、前夜の残り花か?

烏瓜(からすうり)(62225 byte)

烏瓜(からすうり)(51986 byte)

烏瓜(からすうり)(63485 byte)

お知らせ

7月~8月と、週末投稿の細々としたNet運用でした、
仲良くして戴いて居ますブロ友さんへの訪問もできず、失礼が続いております、
業務多忙で、Netに関われず、この際、暫くお休みさせていただきます、
時折、不規則な投稿も有ると存じますが、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。