スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

細葉沙参(さいようしゃじん)

当地里山域の急斜面の草むらに、細葉沙参(さいようしゃじん)らしき花が見られます、
急斜面で足場が悪く、滑り落ちそうなので近寄れません、これで目一杯アップですが限界です。

細葉沙参(さいようしゃじん)(120183 byte)


晒菜升麻(さらしなしょうま)

登山道脇の急斜面、疎らに咲いていますが傷み気味の花ばかり、
中でも傷みの目立たない花を、腕を目一杯伸ばして撮ってみました。

晒菜升麻(さらしなしょうま)(70130 byte)

晒菜升麻(さらしなしょうま)(50500 byte)


石蕗(つわぶき)

石蕗(つわぶき)(57281 byte)


イノシシの掘り起こし跡

里山域、登山口に向かう山道の至る所に、イノシシが掘り起こした跡が残されています、
冬季に向かって、食料を求めて掘り起こすのか、山中に入ると至る所で、この様な光景を目にします。
右上にガードレールが見えますが、ここは登山道、乱雑に掘り起こされ山道か見分けが付かなくなっています。

イノシシの掘り起こし害(138415 byte)


椚(くぬぎ)の実

山地に入ると、栗に見間違えそうなイガイガの椚(くぬぎ)の実が沢山落ちています、
当地と、隣の市町村との境界にある宗像四塚連峰は、
福岡と北九州の経済圏を分ける、四つの峰が続く宗像四塚連峰が有り、南北15Kmくらいの峰です、
低山ながら、アカガシ、シイ等の広葉樹林の原生林に覆われ、野生動物には恵まれた山地と猟師さんから聞きます、
殺伐しい生々しい話で恐縮ですが、ドングリを始め良い餌場が多いらしく、
イノシシを、月に30頭ほど捕獲するのだそうで、肉が良質の猟場と聞いたことを思い出します、
同じ市内の、宗像3山の杉の多い人工林の山に比べると、動物にとっては良い餌場が多いらしい、
良い餌場がここに有るのにと、教えて上げたくなるような、
他のドングリを始め、足の踏み場がないくらい、山道、谷間に散乱している椚(くぬぎ)の実、
イノシシに教えて上げたい思いでした。

椚(くぬぎ)の実(77350 byte)

椚(くぬぎ)の実(75766 byte)

椚(くぬぎ)の実(74407 byte)

椚(くぬぎ)の実(81140 byte)

下は別の場所の、登山道脇の側溝に見られるドングリ。

椚(くぬぎ)の実(102857 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。