スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

山中の、この大木、水木(みずき)の木は、樹高も大きく、花を付けた時期の樹形は印象的です、
この時期、大きな樹幹に、階段状に白い花を咲かせている木は、大概この水木の木で、良く見掛けます、
水木(みずき)科、ミズキ属の花で、
同じ仲間の、花水木が終わり、山ボウシ、次に、この水木と次々と初夏の花に移行しています。

大木の木に似合わず花は小さく、密集するので、遠目にはスイカズラ科ガマズミ属の、ガマズミやゴマギに似ています、
水木の花は、枝を水平気味に張り出し、枝を扇状に四方に広げ、階段状の特徴ある花姿の樹形となります、
葉の側脈は平行に走り、ミズキ科の特徴を持ち、互生します。

5月~6月頃、枝先に散房花序を出し、直径7~8mm程の小さな白い花を、15cm位のドーム状、
純白の花は合弁花、花弁 4枚、雄シベ 4本、葯の色 薄茶色、
枝一杯に咲く純白の花は、葯の薄茶色が目立ち、僅かに色づいた薄い黄色に見えます、
樹液が多い木で、春に枝を切ると、樹液が水のように滴り落ちる様子から、名前の由来になっています。

水木(みずき)(108039 byte)

枝一杯に咲く純白の花は、葯の薄茶色が目立ち、遠目では僅かに色づいた薄い黄色に見えます。
小さな花は、ドーム状に密集し15cm位の花序を形成し、ほんのり甘い匂いが感じます。

水木(みずき)(114720 byte)

水木(みずき)(99527 byte)

水木(みずき)(79628 byte)

純白の花は、花冠筒の短い合弁花、花弁 4枚、雄シベ 4本、雌しべ 一本、葯の色 薄茶色、
それ程強い匂いではありませんが、ほのかな甘みの香りに誘われてか、昆虫、アリが沢山集まっています。

水木(みずき)(75229 byte)

水木(みずき)(62330 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。