スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

大錦草(おおにしきそう)

人家に近い里山、小川に沿ったガードレールが隠れるくらい雑草が繁茂しています、
所々に、大錦草(おおにしきそう)が見られ、
紅色を帯びた茎に、葉の中央に紫黒色を帯びた班紋を持つ長楕円形の葉、白色のとても小さな花です。
本州から四国、九州に広く分布しています。

大錦草(おおにしきそう)(109504 byte)

花は杯状花、杯状の苞葉の中に 雌花1つ、雄花4つ、雄花は雄シベ1つ、腺体4つを持ちます、
それぞれ、雌シベだけを保有する雌花、
雄シベだけを保有する雄花で、雌雄異花、雌雄同株、複数の花で目立たない花序を形成します。

花の生長は、先に、総苞から雌花が成長、先端が2裂した3本の柱頭を伸ばし、受粉した後に、
雄性期に移行し、雄花の雄シベが成長し、花粉を放出させる、雌性先熟花です、
同時に、腺体や花弁状の付属体が大きく成長します。

灯台草(とうだいぐさ)科、ニシキソウ属の一年草、草丈Max50㎝位、
開花は8月~10月、花は直径凡そ2mmで極小、柱頭は3本、先端で2裂し、緑色の腺体は4個、
秋には紅朱色の果実が熟成、果実は蒴果、無毛で中に種子が3個入ります。
別名 乳草(ちちくさ)、
花言葉 執着、密かな情熱、変わらぬ愛。

大錦草(おおにしきそう)(40306 byte)

葉腋に複数の杯状花、白色の花びらの様なものが雄花、先の丸い球状が雌花です、
北アメリカ原産、本州(中部以南)に生息、荒地や道端、草地や堤防で見掛けます。

大錦草(おおにしきそう)(38599 byte)

葉は対生、長楕円形、長さ約3cm、基部の左右が非対称、
葉の中央に紫黒色を帯びた班紋が有り、疎らに長毛が見られますが、希に斑紋を持たない葉もあります、
紅色を帯びた茎は、直立するか、斜めに伸びてよく分枝し、高さ20~50cmになります。

大錦草(おおにしきそう)(49423 byte)

道端や畑地に生育する草丈20cm~50cmになる1年生草本です。

大錦草(おおにしきそう)(97011 byte)


錦草(にしきそう)?

出番が無く、お蔵入りさせていた分を持ち出しました、

現在日本に自生している錦草(にしきそう)の仲間で、生粋の在来種は、この錦草(にしきそう)だけ、
大錦草(おおにしきそう)や、小錦草(こにしきそう)は、葉に紫黒色の班紋が有りますが、
この錦草(にしきそう)には、班紋が無く、
茎は細く良く分枝し、地を這う様に伸び、草丈は低いです、
灯台草(とうだいぐさ)科、ニシキソウ属の一年草、花期7~10月、草丈Max25㎝、
本州から九州に掛け分布、山地、道端、荒地、畑地に生育します。

錦草(にしきそう)(114963 byte)

錦草(にしきそう)(62235 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。