スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

連休に入りましたが、例年より1ヶ月ほど季節が進んでいる感じがする当地、
良く出掛ける山中の、蔓人参(つるにんじん)が、気になり出掛けました、
数年前から、近隣の山中数カ所に、株を見つけ、その場所に蔓を伸ばす環境を確保するために、
古木を利用し、櫓を組み上げ、花を楽しませていただくスポットを作っております。

ところが今回の山中は、思った通り、こんな場所を頻繁に目にします、
登山道は所々で、斜面の崖崩れ、沢も道も、ごちゃ混ぜ状態で迂回しないと通行出来ない箇所もあり、
倒木で道が塞がれ、とても歩けやしない等、、、山中は意外なほど大荒れ状態、
原因は先の台風15号の置き土産です。

台風被赫(137705 byte)

台風被赫(143716 byte)

台風被赫(131938 byte)

本日、出掛けた3箇所は、櫓は台風には耐えていましたが、
蔓が台風で傷つけられ、切断されたり、蔓の茎が折れていたりで、今期の花期に、回復が間に合うのか、
心配な状況を目にして来ました。

ところが山中で、台風で折れ落ちた木の枝が目に入り、
何気なく、つぶれた花に気が付き、良く見ると、蔓人参(つるにんじん)の花でした、
高いところから落ちた枝でしたので、
蔓は、落下時の衝撃で、切断されているものと、早合点していました。

蔓人参(つるにんじん)(117163 byte)

諦めが悪く、未練がましく、良く良く見ると、
落ちた枝には、幾つかの太い、木質化した蔓が平行して絡まっており、
この丈夫そうな蔓に、ショックを柔らげられ、強い衝撃を受けずに済んだのか、
細い草状の蔓人参(つるにんじん)の蔓ですが、幸い生き残っているように見えます。

最初は、蔓の陰になり気が付かなかった、無傷の花が2輪、向こう側に、ぶら下がって見えます、
本命がダメだった後だっただけに、儲けたっ!と嬉しくなり、
撮影のために、花の向きを手前に持ち上げ、撮影したものです。

蔓人参(つるにんじん)(89888 byte)

蔓人参(つるにんじん)(59650 byte)

蔓人参(つるにんじん)は、低地や、山地の林の中、林の縁などに生える蔓性の多年草、
花は、桔梗科の花だけに、なかなかの美形、花冠は広い釣鐘形、
初秋の頃、側枝の先端に短い花柄を付け、釣鐘形の花を下向きに開花させます、

花の色は、外側が淡緑色、内面は紫褐色の筋や斑が有りますが、
遠目では、林中の植物の緑に同化し、見つけにくい花です、
古くは、朝鮮人参の代わりに、この蔓人参が代用され、使われた時代があったと言われています。

このままだと何れ無残なことになりそうなことは明らか、
惜しいので、蔓人参(つるにんじん)の蔓だけは、なんとか残せないものか、
最低、現状維持を目指し、蔓を切らないように、側の立木を利用し、仮の櫓を組み立てておきました、
上手く、このまま成長を続け、他の登山者の方にも鑑賞してもらえ、喜んでもらえるのを願って、
撮影の再訪の声を掛け、現場を離れました。

蔓人参(つるにんじん)(61148 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。