スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

金水引(きんみずひき)

ここは登山口の一つ、
このルートは余り人気はなく、自分も滅多には利用しないルートです、
たまたま、この登山口に、下りてきましたが、雑草で道が全く隠れてしまっています、
こんな背丈の長い雑草に隠れた登山道、踏み込むのに勇気がいり、躊躇いたします。

金水引(きんみずひき)(142752 byte)

雑草の中でも一段と背丈が高い金水引(きんみずひき)、ここまで繁茂すれば立派。

金水引(きんみずひき)(147265 byte)

金水引(きんみずひき)(62034 byte)

自制する、気持ちを持つようになった、お粗末を白状すると、今年の梅雨少し前の事です、
テレビ、ラジオで、マダニによる、感染症の死亡事故等、注意喚起の放送がされていました、
なのに、自分が、そのマダニに、うっかり噛みつかれる事になったのです。

帰宅後に、左足の膝小僧の少し下辺りに、ホクロかと見間違えた、ダニに気が付いたわけです、
指で掴んで、簡単に取り除けましたので、病院に行くこともないかと、やり過ごしました、
幸い、その後、発症等何事もなく無事に経過いたしました。

その当時、病院へ行くべきだったか、
病気の潜伏期間が、1~2週間ほどと書かれており、この間、もしや、と気になる時間を過ごしました、
つい軽装で、山中の草むらに無頓着に入ったり、下山後のケアーも、いい加減で、安易な山登りでした。

お陰で、少しは振る舞いに注意を払い、自制心を持つようになって来た事は、
今になってみれば、痛い思いをすることになったかも知れない、事の重大さを知ることで、
注意力喚起に繋がり、猛省も活きているなと、今日に至っています。

下は、別の登山口の駐車場併設の、掲示板に掲示されている、マダニの注意喚起のポスターです。

マダニ注意掲示板(75755 byte)


水引(みずひき)

登山道安全柵の外側、谷川の斜面の草むらには、水引(みずひき)の花が繁茂しています、
山中の林縁の半日陰の場所を好み、花も果実も極小で、写真には撮り難い花です。

水引(みずひき)(137664 byte)

水引(みずひき)の花、花の大きさは、米粒の半分位、円筒状、あるいは、卵状の穂状花序、
花弁は4枚、5本の雄シベ、2本の花柱を持っています。

花は、斜め下を向いて明るい紅(ピンク)色、
見る角度により、上から見ると、紅く、下から見ると白色に見えます。
花も実も極小、手ぶれ補正も無い年代物の自分のコンデジ、
ピント合わせ、被写体ブレには気を使います。

水引(みずひき)(48757 byte)

果実をクローズアップ、これは花後の果実です、
痩果(そう果)は、花被片に包まれて熟します、
果実が熟すに従って2本の花柱は、花後も残り成長し先端がカギ状になって、果実の先端から突出します、

このカギが動物や衣服に、ひっかかり遠方に運ばれ、種の拡散を計る仕掛けになっています、
紅い果実の先に、白くカギ状に伸びて見えるのが、伸びてきた花柱です。

水引(みずひき)(50055 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。