スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

琉球朝顔?

里山の林の上部に、種類は解りませんが朝顔が見られます、
下の方には見られず、あんな高いところに繁茂しなくてもと思いますが、余程好みの環境なのかも知れません。

琉球朝顔(131730 byte)

琉球朝顔(95918 byte)

琉球朝顔(132897 byte)


筑紫薊(つくしあざみ)

筑紫薊(つくしあざみ)(119594 byte)

筑紫薊(つくしあざみ)(64915 byte)


有害鳥獣被防止用の電気柵

山里の田圃で、有害鳥獣被害防止用の電気柵の装置を見せていただきました、
稲刈り寸前の田圃の周りに設置している電気柵で、
有害動物対策用で、最近は山間部の田圃では、良く設置されているのを見掛けます。

この電気柵は、野生動物が電気柵のワイヤー・ケーブルに触れた瞬間に、
高電圧の強烈な電撃ショックを与えて、追っ払う装置、
ワイヤー・ケーブルに触った動物が、強力な電撃ショックで、電気柵に近寄ることの恐怖を学習し、
心理的に恐怖を与える装置だそうです。

私が見ている、この電気柵のワイヤー・ケーブルが、意外と低い位置に張ってあり、
動物は、簡単に飛び越えるのではないかと、聞いてみましたが、
動物の習性から、ワイヤー・ケーブルの位置も決められているそうです。

動物は、目の前の物を見つけた時、まず鼻で、触って、何かを、確かめる習性があり、
動物の、目線の高さに合わせて、ワイヤー・ケーブルを張る事が、大事だとのことです。

イノシシ、シカは、地上20cm~50cm、
タヌキなど小型動物は、地上10cm位、
ワイヤー・ケーブルの色も、動物に認識させる色が、採用されているとのこと、

大切な作物を守るシステムで、農家さんの死活問題に関わる装置で、
補助も受けられ、導入が進んでいるのだと、説明を戴きました。

アニマルキラー(97552 byte)

アニマルキラー(80547 byte)

アニマルキラー(56813 byte)

アニマルキラー(157511 byte)

イノシシ対策用電気柵(142010 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。