スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

里山から、登山道に向かう林縁に、見え隠れしている、蔓竜胆(つるりんどう)を幾つか確認できます、
午前中の陽の当たらない時間帯は、花は開いていませんでしたが、
陽の光を好む花だけに、下山中の午後の陽の当たる時間帯は開花していました、
紫褐色の細い茎は蔓状、近くの物に絡まって茎を伸ばします、

蔓竜胆(つるりんどう)は、 竜胆(りんどう)科、ツルリンドウ属、
葉は、基部が心形の卵状披針、主脈の両側に支脈が走る三縦脈、長さ5~8cm、対生、
花期は9月~11月、葉腋から、淡紫色から白色の鐘形花冠をつけます、
花冠は筒状で15~20mm、長さ2.5~3cm、
花冠端は5裂し、後方にカール気味に広がり、裂片の間に三角状の、少し小さい副片(副花冠)を持ち、
雄しべ5本、雌しべ1本、雄性先熟性の花で、竜胆の花に共通した、綺麗な花を咲かせます。

蔓竜胆(つるりんどう)(46028 byte)

蔓竜胆(つるりんどう)(34387 byte)

蔓竜胆(つるりんどう)(34289 byte)

蔓竜胆(つるりんどう)(55678 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。