スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

石斛(せっこく)

TV等で、季節外れの花が開花しているとの、Newsを珠に目にしますが、
我が家の石斛(せっこく)の花も、季節を勘違いしたのか只一輪、4~5日前から開花しています、

一般に開花期は、5月~6月と言われており、
我が家では、例年5月のGW空けの頃咲きますが、どうも季節の勘違いかも知れません。
岩や樹木に根を張り、自生する着生ランの仲間ですが、写真は庭木に着生していた株を、一部鉢植えしたものです、
此方の方が好みなのか、成長が良く、鉢一杯に株を広げています。

石斛(せっこく)(76017 byte)


蛇の髭(じゃのひげ)の実

我が家の庭の蛇の髭(じゃのひげ)、実を沢山付けています、
蛇の髭(じゃのひげ)は、別名 竜の髭(りゅうのひげ)とも言われ、
この花の葉っぱが、2mm程の大変細い線形の葉で、この細長い葉っぱを、
翁(おきな)の長い髭(ひげ・あごひげ)に見立て、蛇の髭、竜の髭の語源になった様です。

蛇の髭(じゃのひげ)は、草丈20cm前後、
花茎は草丈より随分短く10~15cm、葉っぱに隠れるような姿で、小さな白色の花を総状に下向きにつけます、
この蛇の髭(じゃのひげ)は、花よりも、秋から冬に掛けて見せる、
宝石の様に美しい、7mm前後の球状の実の方が、知られており、
この実は、コバルトブルー(碧色・濃いブルー)の実で、じつに綺麗な色に色づきます。
正月明けから来春にかけての、綺麗な実が待たれます。

蛇の髭(じゃのひげ)の実(89073 byte)


台湾ホトトギスの実

花が咲き始めてから、随分長い間、台湾ホトトギスが庭を賑わして来ましたが、
さすがに花期も終了し、果実が順調に育っています。

Netで目にする記事で、ホトトギス類は、雑種が出来やすい性質があると言う、記事を目にします、
実生からの苗は、どのような性質のものになるか不確実、
実生では、親より優れたものや、変わったものが生ずる事も、稀に有ると言う記事に、気をそそられ、
親株から種を採取し、実生栽培にチャレンジしてみようかなと、思っています。

台湾ホトトギスの実(73405 byte)

12月中旬というのに、咲き遅れの蕾が2ヶ、開花寸前です。

台湾ホトトギス(71824 byte)


眉刷毛万年青(まゆはけおもと)の実

5~6年前、近所の奥さんから、株分けして戴いた、眉刷毛万年青(まゆはけおもと)、
株も大きく生長し、花も6輪ほど付けてくれました、
実を30ヶ以上付けてくれていますので、来春の完熟した赤い実を採取し、実生栽培で殖やしてみようと考えています。

眉刷毛万年青(まゆはけおもと)の実(77390 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。