スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

近所のお年寄りさんが管理されている畑、
横を通りかかって気が付きましたが、この一畝だけが、仏の座(ほとけのざ)が群生しており、
他の畝には大根だとか冬野菜が植わっており、どう見ても、栽培されているようにしか見えません。

シソ科、オドリコ草属の越年草、花期 3~6月、花色 紅紫、
生息地 畑、休耕田、道端、空き地、本州~沖縄、
なお春の七草の、ホトケノザはキク科のコオニタビラコのことで、本種とは別のものです。

仏の座(ほとけのざ)(137559 byte)

花は、筒部の長い唇形花、筒部込みで凡そ長さ20mmくらい、上部の葉腋にリング状に直立して花を咲かせます。
陽当りの良いこの畑、ピンクの絨毯が引き詰められたかのように群生しています、

仏の座(ほとけのざ)(47475 byte)

仏の座(ほとけのざ)(38686 byte)

柄のない2枚の扇状円形の葉が、左右から対生、茎を抱き、円形状の葉に見え、下部の葉には長い柄が有るようです。
この葉が通常、2~3段、段状につくのが特徴で、3階草の別名を持ち、花茎は、四角状で赤みを帯び、基部で分岐して広がります。

仏の座(ほとけのざ)(58081 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。