スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

神社の境内の木に、蔓を伸ばし、下木に気の毒な光景を見せている郁子(むべ)の花、
市街地でも、時々見掛けますが、下木を覆い被さるこの光景は、下木には流石に迷惑を感じさせます。

暖地の山地に生え、常緑つる性植物、
アケビに似た郁子(むべ)は、果実がアケビのように裂開せず、常緑性である点が大きく異なります。
GWの前後頃に、外側が白色、内側が紫色、花弁に見える6枚の萼片、広口釣鐘形の花を付けます、
雄花と、雌花を別々に付ける雌雄同株の、総状花序を付け、
暗紫色に熟した果肉は、甘く食べられますが、アケビみたいに、果実は熟しても裂開はしません。

郁子(むべ)(154027 byte)

木通(あけび)科、ムベ属、関東地方以西、朝鮮半島南部~台湾、中国に分布、
常緑つる性、開花時期4月、結実期10月、花色 淡黄白色、花径25mm~30mm、花型 広釣鐘形、花冠6深裂、
生育場所 山地、公園垣根、花言葉 愛嬌。

郁子(むべ)(139720 byte)

花は雄花、雌花共に、花被片の、外側の3枚は幅が広く、
内側の3枚は幅が狭い、副花冠的な花被片(かひへん)を思わせる造りです。

郁子(むべ)(57391 byte)


下は、木通(あけび)の白花種。

木通(あけび)・(白花種あけび)(132124 byte)

下は雌花。

木通(あけび)・(白花種あけび)(64110 byte)

下の、右側の大きな花が雄花、雄花の奧に小さくボール状に見えているのが雌花。

木通(あけび)・(白花種あけび)(52245 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。