スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花・植物 - 写真 | 四季の花 | edit

花水木の花に似た、同じ水木科の花、山法師の花を、見掛けるようになってきました、
ミズキ科の落葉高木で、本州から九州まで広く自生しています。
4枚の花びらに見えるものは、花を包む葉の変形したもので、総苞と呼ばれ、
その中心に、20~30個のツブツブの球状の花序が有り、小さな花が集まっています、
このツブツブの花は、花びらは四枚、花の色は淡い黄緑色、初夏に開花します、
この丸っこいツブツブの花序を僧の頭に、
総苞を白い頭巾の、山法師に見立てて、名前の由来になっているようです。

花水木の花に、一見大変よく似た花は、
山法師の花びららの先が尖っているのに対して、
花水木は花びららは先端がくびれて丸く切れ込んでいます、
又、花水木は葉が出る前に花を咲かせ、山法師の開花は葉が出た後の違いがあります。
秋には、イチゴに似た赤い実が生り甘く食べられます。

山法師(やまぼうし)(150822 byte)

山法師(やまぼうし)(78242 byte)

下は別の場所の山法師(やまぼうし)、下三枚はデジ一にて撮影。

山法師(やまぼうし)(128741 byte)

山法師(やまぼうし)(88605 byte)

山法師(やまぼうし)(30850 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。