スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花・植物 - 写真 | 四季の花 | edit

公園の遊歩道脇に、昼咲月見草が咲き始めました。
月見草は夜開花するのが普通ですが、この昼咲月見草は文字どおり昼の間に咲く花です。
花は端正な花姿で一重咲き、
花径は割に大きく5cm前後、
ピンクのやさしい色合いの花が咲きます。
月見草や松宵草と同じグループの花で、昼間に開花する月見草から、昼咲きの月見草と言われます。

月見草は、夜開開花し、朝には萎んでしまう1日花です、
それに対し、この昼咲月見草は昼間に咲き、数日間は咲いています、
昼咲月見草の花色は白花が基本で、桃色に変色していきます、
咲き始めから桃色の種類があり、桃色昼咲月見草として区別されます。

昼咲月見草(ひるざきつきみそう)(112353 byte)

Data 特 徴 ・ Memo
 科   名  赤花科
 (あかばな)
 属   名  マツヨイグサ属
 原 産 地
 分 布 地
 北アメリカ
 植物分類  耐寒性多年草
 樹高・草丈  30cm~60cm
 開花時期  5月~7月
 花   色  白、薄い桃色
 花径・花序  4cm~5cm
 花   型  杯型
 生育場所  山野の草地
 花 言 葉  浴後の美人
 無言の恋
 撮影月日  2016.5.21
 撮影場所  宗像市 
  • 月見草と同じ仲間
  • 匍匐茎を横に広げて増殖
  • 葉は互生、5~7cmの線状披針形、浅い鋸歯、縁は波打ち、短い葉柄
  • 茎は分枝し白色の短毛
  • 茎頂部の葉腋に花を付ける
  • 花冠筒1cm前後、花冠周辺部が波打つ合弁花冠、杯型
  • 花冠径は4~5cm、花冠は4深裂、両性花、一重咲き
  • T字型雄しべ 8本、粘度が高い黄色の5mm~15mmの葯、
    不規則な蜘蛛巣状のブリッジ
  • 雌しべは柱頭の先端が4裂、白色の十字型
  • 子房下位で子房は花床部に位置する
  • 花期は初夏から夏、昼間に咲き、開花は2~3日
  • 株を覆うように開花し、白色、淡いピンク色の優しい色合い
  • 蕾は垂れ下がる
  • 花色は白花が基本で、桃色に変色し、
    咲き始めから桃色の種類は、桃色昼咲月見草として区別されます
  • 桃色昼咲月見草は、一日花

 

昼咲月見草の花冠には、T字型雄しべ 8本、粘度が高い黄色の5mm~15mmの葯、
各雄シベの間には、不規則な蜘蛛巣状のブリッジが掛かかっています。
雌しべは柱頭の先端が4裂し、白色の十字型になっています、これはマツヨイグサ属の特徴です。

昼咲月見草(ひるざきつきみそう)(43471 byte)

昼咲月見草(ひるざきつきみそう)(37536 byte)

昼咲月見草(ひるざきつきみそう)(48755 byte)

昼咲月見草(ひるざきつきみそう)(51460 byte)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。