スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

山野に自生する、身近な薬用植物の代表として、知られている、現の証拠の花が、
庄助ふるさと村園内市民農園エリア、周回道路草地帯に、たくさん咲いております。
葉は掌状に3?5裂、花柄が長く茎は斜上して、長さは凡そ40cm程、
葉腋から出た花柄の先に、白紫色又は、紅紫色の、小5弁花を2個ツインで咲かせます。

日本古来からの、民間薬の代表として、知られております。
乾燥させた葉を、煎じて飲むと、下痢止め・健胃薬として、20?30分位の短い時間で、直ぐ効き目が現れることから、
「現に良く効く証」、と言う意味合いで、名付けられたと言われ、
今でも愛用している年寄りの方の話を耳にします。

紅花現の証拠

 科   名  風露草(ふうろそう)科
  • 葉は対生、上部では3裂、下部では5裂
  • 葉腋から、2本の花柄、花柄の先に5弁花、2個咲かせる
  • 花弁、葉っぱ以外全身に、短い産毛をたくさん持っている
  • 萼片は、花弁の切れ目に位置し、萼片の先端に数mmの突起棒を持つ
  • 花の大きさに比べ、大きな萼
  • 花は、5数性で、萼片、花弁、心皮は5個、雄しべは10個
  • 別名 みこし草 種の形が祭りの みこし に似ている為
  • 白色の花を、現の証拠
    紅紫色の花を、紅花現の証拠と呼ばれます
  • 別名 神輿草(みこしぐさ)
 属   名  フウロソウ属
 原 産 地  日本
 植物分類  多年草、耐寒性
 開花時期  7月?10月
 樹高・草丈  30cm?50cm
 花序・花径  1cm?1.5cm
 花   色  ピンク、白
 花 言 葉  憂いを忘れて
 心の強さ
 撮影月日  2009.9.13
 撮影場所  宗像市内

ぐっと寄ってみます、花は、5数性で、萼片、花弁、心皮はそれぞれ5個、
花芯部は、10本の雄シベ、葯が黒紫色、雌しべの花柱、柱頭は赤っぽく先端で5裂しています。

紅花現の証拠

少し引いてみます、草地帯には韮の花が無数に咲いており、この場所では現の証拠が遠慮気味に見えます。

上の一枚目から三枚目まではコンデジで撮影、一番下は一眼で撮影。
このくらいの距離で撮影すると、深度が極端に浅くなり、立体物の撮影の場合、描写性が犠牲になります、
ボケを効かせた芸術的描写を狙う撮影なら別ですが、私のようなニューカマーにはそんな狙いは全くなく、
同じ設定条件で撮影で有れば、機構の違いから、一眼に比べるとコンデジの方が手軽で描写性に優れています。
勘違いをして欲しくありませんが、一眼にはデジカメにはない、広範囲に対応できる機能を備えています、
三脚を使いスローシャッターで狙い通りの撮影をする気があればこの限りではありませんので、
あくまでもコンデジの持ってる機能の範囲での比較ですから、一般的な私の主観として見てください。

紅花現の証拠

下は別の場所の、アメリカフウロの種。
現の証拠の種の写真の手持ちがなかったため、同じ仲間の同属の、アメリカフウロの種を参考までに載せておきます。
別の花の種ですが、同属の仲間で、写真で見る限り区別が出来ないくらい同じで参考には成ります。

現の証拠の種が熟すと、子房の種子は花柱が裂けるにつれ、花床部の台座から、写真の様に持ち上げられます、
この構造はバネそのもの、種に何かの拍子で仔細な振動が加わると、高反発力を持ったバネの反動で、
種を遠くへ跳ね飛ばし、種の拡散を計っています、
別の花の種ですが大きさ構造はこのまま見分けが付かないほど同じです。

この種子のバネみたいな形が、御神輿の屋根の装飾用に用いられている装飾金具に似ており、
別名 神輿草(みこしぐさ)の由来になっております。

アメリカフウロ

スポンサーサイト
北さん | URL 09/17 09:00 | edit
いつも楽しませていただいています。
目立たず、何気なく咲く「フウロウソウ」の仲間達、
誇らしげに咲かないところが好きです。
自分も、こうありたいと思います。(もっとも僕など、誇れるものなど何にも無いですけど)
高山歩いていても咲いていますからね~。
疲れが取れます。

オミコシ
アルママ | URL 09/17 17:01 | edit
こんにちは。
ゲンノショウコの花はツインで咲くのですね。
気づきませんでした。
オミコシがお見事です。
これが撮りたくて、さがしまわりますが。
わが家の近くでは、植えている家もないし、自生しているところもありません。
出かけたときに出会うとラッキーと思います。
めぐっぺ | URL 09/17 17:31 | edit
うちにもゲンノショウコがあります。
種が飛んで・・・あちこちで咲いています。
北さん今晩は、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/17 21:07 | edit
仰るように遠慮っぽく可憐に咲いています、
何を仰います、一時代を築き、実家とセカンドハウスを行き来し、
慕っておいでになる仲間も多く、地元の有志の北さんではありませんか、
私を初め隠れフアンも多いと思います。
トレッキングもされるのですね、益々憧れます。
アルママさん今晩は、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/17 21:10 | edit
2個全く同時に咲く事でもありませんが、前後若干タイムラグもあるようです、
種の写真は私も未だに取り損ねています、
写真の主は、同じ属のアメリカフウロの種です、
現の証拠は草地で咲くため、種になると探すのが難しく、見落とします、
今年は是非撮りたいと思っています、
アルママさんにも幸運が舞い込みますように!
めぐっぺさん今晩は、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/17 21:13 | edit
朝晩涼しくなりましたね、寒いくらいです、
現の証拠があっちこっちですか、
めぐっぺさん家は、私が想像している以上に、種類も、数も多いですね、
断れるかも知れませんが、近ければ、お手伝いに行きたいくらいです、
花の後の採種から、育苗用ポットでの種苗、育種、定植、摘花、摘芯と教えられる事ばかりです、
毎朝欠かさず見せて戴いております、
頑張って下さい、応援しています。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/450-5e3acb12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。