スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

近くのスーパーの側のバス通り、
車窓から紫の花が見え、こんな所にそんな花があったかなっと思い確認に行って見ました。
紫の花と思っていたのは、小紫だと一瞬思いましたが、どうも様子が少し違う。
樹高も私よりも遙かに大きく、小紫みたいに枝が下垂していません、
小紫の実みたいに、実がびっしりと付く感じでなく、疎らとまではないが、少し疎らだけれど大きい。
紫式部だったのです、久しぶりに見つけた紫式部、今日はなんか良い日になりそうな予感です。

紫式部には、こんな仲間があり、

  • 紫式部 紫式部よりも大きな果実をつける、
  • 紫式部 樹高 2m?3m、小紫に比べ実付きが疎ら、果粒が僅かに大きい、
  • 小紫 樹高 1m?1.5mで、紫式部より小型、実つきがよく、紫色の果実をつける、
  • 白式部 文字どおり白い実をつける
直ぐ近くに存在しながら、今まで全く気が付かず、良い収穫の日だと喜んでいます、
花では発見は難しく、紫の実が発見につながりました。

紫式部という優雅な名前は、初冬に熟する紫色の果実から来ています、
紫色の実の清楚な美しさを、平安美女の「紫式部」に例えたと言う事は良く知られています、
紫式部の木は、園芸種の小紫と比べ、大きくなると5m近く人の背丈より大きくなり、
花や実は同間隔にまとまった実をつける小紫と比べ、実のつき方が疎らの特徴があり、
小紫に比べ、花期も結実も少し遅れ、山野で成長します。

紫式部の紫の実は、実測で3mm、ボール状の実の直径 40mm。

紫式部(50833 byte)

 科   名  熊葛(くまつづら)科
  • 北海道南部以南の各地に分布
  • 低い山地に生え樹高 Max 3m
  • 葉は対生、腋から集散花序
  • 小さな淡紫色の花は、目立たない
  • 極小の花は、雄しべが突出、葯は黄色
  • 球形の果実、紫色に熟す、もっぱら美しい果実が主役
  • この果実を紫式部に見立てたもの
  • 花期も結実も小紫より少し遅い
  • 別名 実紫(みむらさき)
  • 英名 ビューティーベリー
 属   名  ムラサキシキブ属
 原 産 地  日本、中国、朝鮮
 植物分類  落葉広葉低木
 樹高・草丈  2m?3m
 開花時期  6月?8月
 結実 10月?12月
 花   色  淡紫色
 花径・花序  3mm?5mm
 花 言 葉  聡明・上品・愛され上手
 聡明な女性
 撮影月日  2009.12.26
 撮影場所  宗像市 

紫色の果実が団子状に丸く付いています、艶々の実の直径 実測 3mm。

紫式部(34262 byte)

民家の庭のフエンス越しに立ち上がり、真っ直ぐ直立しています。

紫式部(85214 byte)

ここはバス通りから、工事現場に入る取り付け道路、坂道の傾斜地から撮っています。

紫式部(108090 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/554-ae7fee7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。