スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:5 | TRACKBACK:0| edit

小判草(こばんそう)

初夏のこの時期になると、道ばたや畑地、荒れ地などに小判草(こばんそう)が見られ始めます、
高さは50cm前後、茎は細く、葉は線形から線状披針形、初夏の頃、茎の上部に円錐花序を付けます、

枝先の花序は、小穂を鈴なりに垂れ下げ、卵形から楕円形の小穂をつけます。
小判型の小穂は、扁平で厚味を有し、始めは緑色、徐々に茶褐色へ変化します。
見た目どおりの、小判の形をしていることから付けられた名前です。
別名 タワラムギ(俵麦)。

小判草(こばんそう)100521k-012p.jpg(87023 byte)

科  名稲(いね)科 属  名コバンソウ属 原  産ヨーロッパ
植物分類一年草 樹高・草丈約 50cm 開花時期5月?6月
花  色薄緑 花序・花径凡そ 10mm 花 言 葉興奮
撮影月日2010.5.23 撮影場所宗像市内
特  徴
  • 草丈は30cm?40cm程度
  • 茎は細く、葉は線形から線状披針形
  • 枝先に円錐花序を出す
  • 枝先に小さな卵形から楕円形の小穂をつける
  • 小判型の小穂は、扁平で厚味を有す
  • 小穂は、始め緑色であるが徐々に茶褐色へと変化

小穂は、実測 長さ 15mm、横幅 10mm、厚み 5mm、空き地の草むらに群生しております、
大変細い茎、枝の為、僅かなそよ風でも、ゆらゆら揺れ、撮影には厄介な相手です。

小判草(こばんそう)100521k-062p.jpg(31992 byte)

小判草(こばんそう)100521k-065p.jpg(27265 byte)


姫小判草(ひめこばんそう)

小判草に大変似た姫小判草(ひめこばんそう)が、道ばたや畑地、荒れ地などに生えています、
茎はより細く、葉は線形から線状披針形、5月から7月頃、茎の上部に円錐花序を付け、
小さな小穂を吊り下げます、
姫小判草は、小穂をつけた草姿が、名前の通り、小判草のミニチュア版から来た名前です。

姫小判草(ひめこばんそう)100521k-020p.jpg(51726 byte)

科  名稲(いね)科 属  名コバンソウ属 原  産ヨーロッパ
植物分類一年草 樹高・草丈Max 50cm 開花時期5月?9月
花  色淡緑色 花序・花径2mm?4mm 花 言 葉
撮影月日2010.5.23 撮影場所宗像市内
特  徴
  • 原野や路傍に自生
  • 全株無毛
  • 茎は直立し、高さ Max50cm
  • 葉は線状披針形
  • 茎頂に円錐花序、枝は糸状に細く、下垂した小穂を疎らに付ける
  • 三角状の小穂は、長さ4mm以下、多数つける
  • 熟すと黄褐色になり小判に似てくる
  • 小判草に比べて、格段に花序が小さく、形もおにぎり型?卵形或いは三角状卵形
  • 熟した実を振るとカサカサと音がする
  • 茎から引き抜き、左右に振って音がするのを楽しんだ記憶があります
  • 別名 鈴萱(スズガヤ)

小穂は、実測2mmと大変小さく、枝は髪の毛並、風があると大きく揺れ、撮影には忍耐が要ります。

姫小判草(ひめこばんそう)100521k-069p.jpg(35244 byte)

この小穂を、カマキリの頭と表現した人もいますが、逆三角形で想像力豊かですね、
何となくそう言う風に見られなくもないようです。

姫小判草(ひめこばんそう)100521k-071p.jpg(22850 byte)


参  考

ワイルドオーツ

肥沃な林内や川沿い、原っぱなどに生え、高さは50cm?1.5m、群生し葉は平らな線形、
扁平なユニークな花穂を下垂させ、花はこの小穂の内側に付く変わった生体です、
風にゆらゆら揺れる花穂は、秋には色付き始め、稲穂っぽくて風情を感じさせます、
又、花穂の形状が小判草に似ている所から、ニセコバンソウ、西洋コバンソウと呼ばれます。

ワイルドオーツから、オーツ麦の原種か?と、オーツ麦を思い浮かべますが、
オーツ麦はイネ科カラスムギ属なので同属では有りませんが、イネ科の植物は皆良く似た姿をしているようです。

ワイルド・オーツ090817k-080p.jpg(50708 byte)

科  名稲(いね)科 属  名チャスマンティウム属 原  産北アメリカ
植物分類耐寒性多年草 樹高・草丈50cm?1m 開花時期7月?8月
花  色 花序・花径小穂 4cm?5cm 花 言 葉
撮影月日2009.8.17 撮影場所宗像市内
特  徴
  • 葉は平らな線形、披針形、互生
  • 花は花弁はなく花を包む苞葉に囲まれた小花が小穂になる
  • 扁平な花穂の外花頴を下垂
  • 花はこの小穂の内側に付く
  • 小判草に似た花
  • 小判草に比べると種子は丸みがなく平たい
  • 別名 贋小判草(ニセコバンソウ)
スポンサーサイト
みっちゃん | URL 05/30 13:42 | edit
こんにちは!
 子供の頃、この小判草で、よく遊びました。。
 可愛い小判の形をして、風に揺られる光景はとっても優雅で素敵ですよね。。
 でも、写真を撮るのは難しいです。(涙)
 ピンともバッチリで、お上手に撮られていますね。。流石です。。
 ワイルドオーツ・・・小判草に似ていますね。。
 今度、何処かで探してみましょう。。。(*^。^*)

 今日も素敵なお写真と、ご丁寧な説明有難うございました。^^)
みっちゃんさん今晩は、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 05/30 22:09 | edit
レス遅れて済みません、出掛けていました、
仰るとおり、風にゆらゆら、何処でも見られますが風流で良いですね、
撮る時の風には泣かされます、髪の毛並みの細い枝ですから、一時もじっとしてくれません、
私は気が長く、のんびり屋ですから、風の一瞬の静けさを待ってシャッターを切りますが、
それでもやはり嫌になりますね、
みっちゃんさんも良い写真撮られますよ、流石と思っています。
ヒメコバンソウ
アルママ | URL 06/02 11:16 | edit
こんにちは。
小さな花が良く撮れています。
カマキリの頭そっくりです。
わが家の近くでは、なかなかヒメコバンソウには会えません。
昨年は、知人が畑で植えていましたので、撮らせてもらいました。
今年はその畑に機械が入り、全てを耕して平らにならしてしまいました。
出かけたときに見つけたら撮りたいと思います。
アルママさん今晩は、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 06/02 21:27 | edit
カマキリの頭とは良く言ったものです、
皆さん良く見ていますね、
関東では、姫小判草は余り見掛けないそうで、
こちらでは、どちらも同等に良く蔓延っています、
どちらも生命力旺盛な植物みたいですね。
最近は時間が無く、ご無沙汰気味で済みません。
Barrichettaさん今晩は、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 06/02 21:38 | edit
観察通り、繁殖力はとても強いですね、
一寸した空き地などでも群生していますね、
生命力旺盛の植物の様です。
何時も有り難う御座います。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/685-07c0987c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。