スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:4 | TRACKBACK:0| edit

鬼百合の花が目立つ時期になりました、
花びらは、鮮やかな朱赤色に、豹のような黒い斑点模様が目立ち、
毒々しいほどの、花の朱赤色や、その花姿から「赤鬼」を連想させ、情熱的な美しさの印象深い花です、
夏、茎頂付近に、朱赤色で内側に黒紫色の斑点のある花を、数個から10個前後の花を付け、
下向きに花を咲かせます、
鬼百合は結実はせず、葉腋に黒紫色の珠芽(むかご)を付けるのが特徴です、
鬼百合の、近縁種に「小鬼百合」が有りますが、小鬼百合は、珠芽(むかご)を付けることはありません。

鬼百合(おにゆり)(68340 byte)

 科   名  百合(ゆり)科
  • 我が国をはじめ、朝鮮半島や中国に分布
  • 鱗茎(りんけい)は卵球状で、茎はMax2m、人の背丈より大きく成長する
  • 茎の上半部には腺毛
  • 新しい葉はすべて垂れているが、すぐに横に拡がる
  • 披針形の葉は互生
  • 葉は密に付き、葉腋に黒紫色の珠芽(むかご)をつける
  • 茎の上部の葉の脇より長い花柄(かへい)を出し花を付ける
  • 花被片 6枚、極端に反り返える
  • 花被片(かひへん)は朱赤色で内面に黒紫色の斑点(はんてん)と短い突起が有る
  • 雄シベ 6本、葯は濃い赤紫色、葯隔の一点で花糸につながる丁字着
  • 雌しべ 1本、柱頭は極太
  • 花芯深部 緑色の子房
  • 花粉は赤褐色で腕、衣類に付くと落とすのに難儀する
  • 花の香りは、湿度が多いほうが強い
  • 別名 天蓋百合(てんがいゆり)
=== 生薬/百合(ひゃくごう) ===
  • 鬼百合の鱗茎(りんけい)を掘り起し、水洗いして熱湯を掛けて、
    天日で乾燥させた物を、生薬で百合(ひゃくごう)と言い、効能は、
  • 滋養強壮、鎮咳(ちんがい)、咳、痰、
  • 利尿(りにょう)、鼻血(はなぢ)、口内炎
 属   名  ユリ属
 原 産 地  中国
 植物分類  球根多年草
 樹高・草丈  Max2m
 開花時期  7月?8月
 花   色  橙色
 花径・花序  10cm?12cm
 花 言 葉  愉快、華麗、陽気、賢者
 撮影月日  2010.7.25
 撮影場所  宗像市 

花は、朱赤色で黒い斑点が多数入り、毒々しい感じに見え、花弁は強く反り返えります。

鬼百合(おにゆり)(45484 byte)

鬼百合(おにゆり)(54277 byte)

芳香のある花ですが、近づく場合は花粉に注意が要ります、
うっかり腕や服に花粉が付くと、落とすのに苦労します、慌てて水道で流したくらいでは落とせません。

鬼百合(おにゆり)(48548 byte)

鬼百合の珠芽(むかご)、葉腋に黒紫色の珠芽(むかご)が見えます、
葉は披針形をしており、葉腋に黒紫色の珠芽(むかご)が付きます、
鬼百合は、花後、この珠芽(むかご)が自然落下し、発芽する事で、珠芽(むかご)繁殖します。

鬼百合ムカゴ080725k-001p.jpg(33561 byte)

スポンサーサイト
こんにちは
Choco | URL 07/29 16:47 | edit
逆光で花びらが透けてとってもきれいです!
日曜日に天の橋立に行ってきましたが
天の橋立にも鬼百合がたくさん咲いていました。

京都の街中よりうんと涼しく感じられました。
が、端から端まで歩こうと試みましたが暑くて諦めました。
海はどこも暑いです。。
Chocoさん今晩は、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 07/29 21:08 | edit
天の橋立にツーリングに出掛けられたようですね、
この時期、鬼百合の群落等見られて綺麗だったでしょうね、
私も春に行きました、名古屋の親戚の結婚式で集合した際、
帰りは広島の叔父の車に相乗りし、観光しました、
大津市内、京都市内、天の橋立、鳥取砂丘回りでした、
天の橋立で一泊した際、翌朝、天の橋立口から島に渡りましたが、
途中引き替えしました、
広島の叔父が会社経営しており、宿泊その他、経費会社持ちで接待旅行です、
こういう旅行は大歓迎、贅沢な良い目に合わせてもらいました。
その時のことを思い出しています。

Chocoさん随分元気回復しているみたいですが、
目の方は大丈夫なのですか?
コメントしていませんが案じています。
お大事にして下さいね。
魅力的な鬼百合ですね★
ふみえ | URL 08/07 19:54 | edit
Digital_Photo 花遊悠さん

暑中お見舞い申し上げます。

鬼百合の写真、
本当に魅力的で、
上から2枚目の写真に
目が釘付けになってしまいました。

ユリの花は清楚な感じがしますが、
鬼百合は、色っぽい花ですね!

花弁の反り返えりがとても
粋に見えて、とても良い写真ですね。

とても勉強になりました。
ありがとうございます。

こころをこめて!


ふみえさんお早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 08/13 08:31 | edit
お暑う御座います、
暑中見舞い有り難う御座います、
漸く帰った参りましたが、台風一過の良い天気とはいきませんね、
熱帯夜が続いていましたが、お元気でしょうか?

鬼百合の花は魅力一杯の花ですね、
良く言い表されて、参考にさせて戴きたいと思っています、

昨年この鬼百合のムカゴを戴いて来て庭に撒いていたのですが、
無造作に撒いたのが、小鳥の格好の餌になったみたいで、全数駄目でした、
今年は小鳥にやられない様に工夫して撒いてみようと思っています。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/738-449f3c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。