スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

秋のお彼岸を前に、いつまで続くのかと半ば諦めに似た今年の猛暑、
台風10号のお陰か、ここ数日秋の前線が南下、前線の北側に入っているお陰で、
当地にも、秋の気配を感じるようになりました、昨日の最高温度27.2℃、今朝の気温20℃台でした、

秋を感じる前後の頃から見掛ける様になる、花虎ノ尾の花が咲き始めました、
花穂の4面の下の方から、唇形の小さな花を咲かせる、涼しい色合いの花です。
茎が四角張っていて、四面に突き出すような、四角錐状の花穂が特徴で、花色は桃・薄紫・白・赤紫などです、
「虎ノ尾」と、似つかわしくない名前ですが、意外に同じような名前が付いた植物は多く、
無限花序に分類され、花序の形状が穂状で、花穂が長く伸び、その穂回りに花がつく、
また、花が綺麗に並んで、尾っぽのような花穂になっている花に「虎ノ尾」の名前が付けられます、

中でも花が美しく、大きい花が魅力のこの花に、花虎ノ尾という名前が付いたようです。
この茎の断面が四角形をしている所から、角張った虎の尾から、別名 「角虎の尾」とも呼ばれます。

「虎ノ尾」の名の付く花は多いです、見つけた幾つかを書き出してみます、
大きさ、色合い、それぞれですが、皆良く似た花姿をしています。

  • 桜草(さくらそう)科の、岡虎ノ尾、犬沼虎尾
  • 蓼(たで)科の、伊吹虎ノ尾、零余子虎尾、春虎ノ尾
  • 胡麻葉草(ごまのはぐさ)科の、越後虎の尾、瑠璃虎の尾、山瑠璃虎尾

花虎ノ尾(はなとらのお)(115603 byte)

 科   名  紫蘇(しそ)科
  • 紫蘇科に特有の茎が四角い
  • 茎の先に四角錐状の総状花序、穂状(尾状)花序
  • 花穂は下の方から、上に咲き上がる
  • 花は、唇形の小さな花
  • マイナスイオンを出す観葉植物として人気
  • 別名 角虎の尾(カクトラノオ)
 属   名  ハナトラノオ属
 原 産 地  北アメリカ
 植物分類  耐寒性宿根多年草
 樹高・草丈  60cm?1m
 開花時期  8月?9月
 花   色  桃・薄紫・白・赤紫
 花径・花序  20mm前後
 花 言 葉  達成
 撮影月日  2010.9.12
 撮影場所  宗像市 

シソ科の花に特有の、唇形の小さな花です。

花虎ノ尾(はなとらのお)(36510 byte)

ぐっと寄ってみます、下の1枚のみコンパクトデジカメで撮影。

花虎の尾(43096 byte)

花虎ノ尾(はなとらのお)(46066 byte)

四方に突き出すような、四角錐状の花穂が特徴で、花色は桃・薄紫・白・赤紫等で、
すがすがしい感じの花です。

花虎ノ尾(はなとらのお)(41343 byte)

スポンサーサイト
ハナトラノオ
アルママ | URL 09/14 18:21 | edit
箱根湿生花園にも咲いていました。

良く民家の庭にも植えてあり、たくさん増えているのを見ます。

残念ながら今年は、いつものハナトラノオの畑が全部平らにならされてしまい、消えてしまいました。

コンデジで撮った花はお魚が大口をあけたようで、可愛いです。
こんな形をしていたのですね。
参考になりました。
アルママさん今晩は、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/14 22:34 | edit
お久しぶりです、
朝晩は大部涼しくなり、最高温度も30℃に届かなくなりました、
大部秋めいてきたような感じです、
箱根湿生花園にお出掛けでしたね、
いつも広くロケにお出掛けで、見習わないとと思っております、
当てにしていた畑が整地されてしまったそうで、残念ですが良くありますね、
そちらは都会地ですから、年々整地され変わって行っているのでしょうね、

コンデジはコンパクトなだけに、
目的によってはこれに限る場合があります、
マクロに限ると、同じ条件で撮る場合は、被写界深度に有利性があり、手放せません、
当然デジ一でも撮れますが、デジ一の長所が私の撮影には、
不利に働き、ついコンデジで撮ってしまいます。
ワームウッド | URL 09/15 00:25 | edit
こんばんは・日付が変わってしまいましたが
コメントありがとうございました
お陰さまで名前が解り何となくホッとしております
いつも美術館と図鑑替わりにブログにお邪魔させて頂いております
今後ともよろしくお願い申し上げます
みっちゃん | URL 09/15 14:51 | edit
こんにちは! 
 今年の夏の猛暑は記録的でしたが、朝晩はスッカリ涼しくなって、今朝は寒い位でした。
 やはり、お彼岸が近づいてるのですね。。
 花虎ノ尾は、時々見る事が有りますが、
 >マイナスイオンを出す観葉植物として人気
 とは、知りませんでした。。
 又、一つ賢くなりました。。でも、直ぐ忘れます。。。(笑)

 ↓狐の剃刀と、大狐の剃刀は違うのでしょうか?
  お花の名前は難しいわ。。。
  私がUPしているので、間違っていたら教えてね。。

 コンパクトデジカメも、ご利用しているのですね。。

 今日も,素敵なお写真と、ご丁寧な説明有難う御座いました。^^)
ワームウッドさん今晩は、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/15 21:29 | edit
ようこそお出で戴きました、
ワイルドオーツ繋がりですね、
これからも宜しくお願いいたします、

ずっとお邪魔しておきながら、Link張っていただいているとは気が付かず、
記事にだけ目が行っていました、
たまたまサイドバーに、当方と似たサイトが有るのだなーっと思い、
良く見ると自分のサイトだと気が付き、思わずお声掛けさせていただきました、
お心使い戴き感謝いたしております、
私の方は、花に偏って面白くないかも知れませんが、
時間のあるときでもお越し戴ければ嬉しいです。
みっちゃんさん今晩は、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/15 21:41 | edit
台風前の猛暑から、未だ数日ですが、涼しくなりましたね、
このまま秋に一直線なんでしょうか?

大狐の剃刀(おおきつねのかみそり)と、狐の剃刀(きつねのかみそり)の違いは?の件ですが、
彼岸花(ひがんばな)科、ヒガンバナ属の同属の仲間で、性質的には大体同じ様です、
構造的には、花被片 6枚、雄しべ 6本、雌しべ 1本、雌しべの方が長い構造も同じです、

大狐の剃刀の方は、シベは花冠面より前方へ、水平若しくは僅かに下向きに長く突きだし、
先端部近くから上向きに湾曲します、
雌しべは雄しべより、より長く前方に突き出し、先端部近くから上向きに湾曲します。
これは夏水仙(リコリス)の特徴と同じです、
一方、狐の剃刀(きつねのかみそり)は、このシベの長さが、花冠の面くらいまでと短く、
葉っぱも幅が狭く、花も若干小振りの違いがあります、

コンパクトデジカメは10年前の400万画素の、
今時使っている人は居ないだろうと思える古い機種です、
今日、昼休み時間に、うっかり手違いでオフィスの机の上からフロアーに落として、
電源が入らなくなってしまいました、
私物を持ち込み、公私混同していたのがNGでした、
今まで何度も故障の度に自分で分解修理してきましたが、
今回は果たして、上手く行くか、お手上げで諦めないと行けないか、
暫く不自由することになりそうです。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/773-18cb7a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。