スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:10 | TRACKBACK:0| edit

公園の遊歩道脇にひっそり小枝を垂れている吾亦紅、台風の影響か花数も疎らで、茎が倒れています、
細い小枝の先端に、穂状の小花を密集させて遠目で何かの実が生っているように見える花姿です、
決して綺麗という花ではありませんが、暗茶紫色の特徴的な花序をつけます。

夏から秋にかけて茎の先端に小花が、沢山集まって花穂を造ります、
花は渋い暗茶紫色、花びらに見える部分は萼(がく)で花びらは退化しています、
この小さな花は、4枚の萼(がく)、雄しべ 4本、雌しべ 1本
吾亦紅のほかに、吾木香とか割木瓜と書かれる事もあるようです。

昔は吾亦紅の根茎を、傷薬や止血剤などの薬草に利用されていたそうで、
漢方では、根を乾燥させたものを、地楡(ちゆ)と呼び、止血剤として利用されている様です。

吾木香(われもこう)(59749 byte)

 科   名  薔薇(ばら)科
  • 全体に無毛
  • 根出葉は長い柄、互生、奇数羽状複葉、小葉は長楕円形、葉縁は鋸歯
  • 小枝の先に円筒状の花序
  • 花序は小さな花が穂状に密集
  • 花弁を持たず4個の暗茶紫色の花は萼片
  • 花径 3?4mm(蕚片)
  • 多数の萼片がだんご状、先端穂先の方から開花、茎元へと咲く
  • 花弁は暗茶紫色、萼片4個、雄シベ4本、雄シベ 1本、長く突出している
  • 地下茎は太くて短く、タンニンを多く含有、漢方では止血薬などに用いられる
    主な薬効は、吐血、鼻出血、血痢、やけどなどの治療
  • 若葉は湯がいてアクを抜き、食用可
 属   名  ワレモコウ属
 原 産 地  日本、中国?シベリア
 植物分類  宿根多年草
 樹高・草丈  0.7m?1m
 開花時期  8月中旬?10月
 花   色  暗茶紫色
 花径・花序  3?4mm
 花序 1cm?2cm
 花 言 葉  感謝、変化
 撮影月日  2010.9.20
 撮影場所  宗像市 

花茎から、細い枝を伸ばし分岐した小枝の先に花を付けます、
若い花穂の状態です、花穂は先端部から花が付き、下の方に増えていきます、
この状態ではシベが長く突きだしています。

吾木香(われもこう)(37204 byte)

花穂の先端部分より成長し、茎の下の方へ花が付きだしたところです。
小花を穂状に付ける植物の場合、花穂の下から先端へ向かって咲き進むものが比較的に多いですが、
吾木香の場合先端から下に向かって咲き進んでいきます、
このような咲き方を「有限花序(ゆうげんかじょ)」といいます

吾木香(われもこう)(41028 byte)

小さな花は、花径 3?4mm(蕚片)、花穂の径 7?8mm、
枝先に疎らに花を咲かせ、花の穂先から花を咲かせます、この写真は雄しべ雌しべが役目を果たして枯れ落ちた状態。

吾木香(われもこう)(52696 byte)

杉本真人さんが謳う演歌、「吾亦紅」を聞くまでは、さほど気になる山野草では有りませんでしたが、
「われもこうありたい」と、儚い思いを込められた暗紅紫色の可憐な花、
一寸気になる身近な花になりました。

スポンサーサイト
吾亦紅
ふくろう | URL 09/25 07:51 | edit
おはようございます。
杉本真人さんの歌「吾亦紅」で、どんな花かをすごく興味を持ったことがあります。
一見、目立たないし、そんなに綺麗に思いませんでしたが、花遊悠さんの花のマクロな写真を拝見したら、とても繊細にできていて、色(暗茶紫色)も素敵ですね。
花言葉は「感謝」・・・なんですね。
かえ | URL 09/25 19:51 | edit
こんばんは。
ご無沙汰しております。
「吾亦紅」歌の題名として聞いたことはありましたが
どんな物なのかを知ったのはつい最近です。
暗褐色の地味な植物ですが味わいがあっていいですね。
あの状態になる前はきれいな色なんですね~。
こんばんわ~
sakura | URL 09/25 20:54 | edit
ワレモコウ・・字が思いだせなくて・・
杉本さんのCD買って、毎日何度も聞いてました・・

あの詩がとっても好きでした・・

一躍、ワレモコウの花も主役になりましたよねぇ~
そっと目立たなく咲く花なのでしょうが・・

愛おしく思ったりしています。(^^♪
kazebyu | URL 09/25 21:16 | edit
Digital_Photo 花遊悠さん
ワレモコウ、美しく撮れてますね。
私はいつ撮っても黒っぽい塊のようになってボツです。
また、当地ではあまり見かけないので写すチャンスも少ないのが現実です。

↓サギゴケ、在庫ですか。
私も今年は在庫にしてしまってます。
頑張ってだそうかなあ。

先日北海道で白い吾亦紅にであいました。
ナガホノシロワレモコウ、でもうまく撮れてないです。
アップできるかなあ。これまた白い塊です。
みっちゃん | URL 09/25 21:39 | edit
こんばんは!
 ワレモコウ・・・・見た目は、あまりかも知れませんが、生花には良く利用して、重宝していますのよ。。♪♪
 花言葉が、 感謝とは、素敵です。。
 
 ↓蔦葉海蘭(つたばうんらん)は、良く見かけますが、可愛いお花ですね。。
 この様に山野草は地味ですが、大好きです。。

 今日も、素敵なお写真と、ご丁寧な説明有難う御座いました。^^)
ふくろう さんお早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/26 07:37 | edit
ふくろう さんも、そう思っていましたか、
杉本真人さんの歌「吾亦紅」を聴くまでは、
綺麗な花だとか、印象にも残らない花の一つでしたが、
今は開花を心待ちにして、認識新たに拡大鏡とメジャーを、片手に、じっくり観察しています、
最近はどちらかと言うと、園芸品種はパスしてしまい、
山野草、小さな雑草の方に、目が行く悪い癖が付き始め反省しています。
かえさんお早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/26 07:45 | edit
お久しぶりです、
秋を感じる季候になりましたね、初秋の花が大部見られます、
撮った吾亦紅の花は、どうしたのかほとんどが倒れていました、
仰るように、何時も見慣れた花姿では見栄え有りませんよね、
その状態になる前の、もう少し綺麗な状態を探しましたが、
見つけたその場で、希望する姿が得られる、そんな甘いものではなく、
倒れている花の中から探しましたので、良い写真は撮れませんでした。
何時もお邪魔してお世話になって有り難う御座います。
sakuraさんお早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/26 07:50 | edit
杉本真人さんの吾亦紅のCDお買いになっているそうで、
良い歌は、皆さん求められておられますね、我が家にもあります。
それまでは気にもしてない花でしたが、
今では、シーズン前には、気にする花の存在で、見る目も全く違って来ました。
愛おしくなったり、植物にも人間の気持ちが伝わるそうで、
吾亦紅に限らず、
綺麗に咲いてくれて有り難う、
元気に咲いてね、
来年も元気に咲いね、、、等、
そのほか、感謝の声を掛けて上げると、
花もそれに応えてくれる、と言う話を聞かされた事があります、
そんな馬鹿なっと笑う人もいると思いますが、
私は、その感謝の気持ちだけは、持ち続けていようと思っております。
kazebyuさんお早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/26 07:55 | edit
朝晩寒さを感じる季節になって参りました、
私も吾亦紅をそんな風に見ていましたので、シベをピーンと伸ばしている、
綺麗な状態を探したのですが、思ったような状態の花はなかなか見つけられません、
吾亦紅に限らず、そんなに甘くはないのは分かっていますので、
足蹴く通う必要があるようです、
白い吾亦紅は見たことはないですね、
サギゴケは今年の分の、出しそびれの胡麻葉草科の4種と一緒にまとめてUPしました、

晩酌も楽しい季候になりましたね、
中秋の名月を愛でながら楽しまれたのでしょうね、
あまり飲み過ぎません様に!
みっちゃんさんお早う御座います、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 09/26 08:01 | edit
朝晩寒くなりましたね、
昨日はジャンパーを出しました、朝は16℃台でした、

吾亦紅は、生け花にも良く利用され、重宝しているそうでレポート有り難う御座います、
早速データーベースに加えさせて下さい、
撮影した場所は、茎元から倒れていて綺麗な状態では撮れませんでした、
蔦葉海蘭だとか、小型の地味な山野草は私も好きな花です、
色鮮やかな、園芸品種の花には無い魅力を感じています。
何時もコメント戴くばかりで済みません有り難う御座います。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/784-f9d47198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。