スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

平成13年に開設したサボテンハウス、ここには100種類以上、凡そ1000点のサボテンが存在します。
暖房施設はなく、天窓、換気扇の自動運転で温度自動調節されています。
現在は花の季節でなく、ごく少数の花が確認できるくらいで花は咲いていません。

サボテンハウス(51916 byte)

六球一体型金鯱 この株の根っこは一つで、金鯱の群生型としては極めて珍しい種類です、
元は六球型でしたが、移設時に一球が根っこからもげてしまい現在は五球になっています。
中央のロープで縛っている分。

六球一体型金鯱(92536 byte)

金鳳龍(きんぽうりゅう) 基部より分岐し5mくらいになり、古くなると、頂部近くに白毛が房状になります。

金鳳龍(きんぽうりゅう)(150380 byte)

金鯱(きんしゃち) 大型サボテンの代表的な種類です、直径20?30cmくらいになるまで花を付けません。

金鯱(きんしゃち)(88321 byte)

土星柱(どせいちゅう) 南米産の大型柱サボテンの種類、超大型の燭台みたいな形になります。

土星柱(どせいちゅう)(91167 byte)

英冠玉(えいかんぎょく)南米産のサボテン、元々群生する種類ですが、ここ迄群生するのも特筆されるようです。

英冠玉(えいかんぎょく)(79451 byte)

数が多いためランダムに幾つかを並べてみます。

黄彩玉(こうさいぎょく) 幻楽(げんらく) 御鏡(みかがみ)(うちわさぼてん)
黄彩玉(こうさいぎょく)(10513 byte) 幻楽(げんらく)(11936 byte) 御鏡(みかがみ)(12159 byte)
紅キリン 笹の雪 真珠
紅キリン(12769 byte) 笹の雪(13891 byte) 真珠(フェロカクタス)(10746 byte)
神仙玉(しんせんぎょく) 仁王丸綴化(におうまるてっか) 滝の白糸(アガグェ)
神仙玉(しんせんぎょく)(11880 byte) 仁王丸綴化(におうまるてっか)(11997 byte) 滝の白糸(アガグェ)(11158 byte)
短刺金鯱(たんしきんしゃち) 烈刺玉(れっしぎょく) 金鯱(きんしゃち)
短刺金鯱(たんしきんしゃち)(11615 byte) 烈刺玉(れっしぎょく)(9557 byte) 金鯱(きんしゃち)(9145 byte)

私もサボテンの鉢を持っていますが、数年で枯らしては買ってくることを繰り返しています、
枯らす原因を、係りの人に尋ねてみました、

=== 基 本 ===

  • 良質の保水力があって排水性のいい土、普通の観葉植物の土などが推奨、
  • 肥料はあまり与えないで、良質の土の中の養分で育てるような心構え、
  • 肥料はあまり与えない、サボテンは濃い肥料を嫌う、
  • 液体肥料を与える場合も、草花用の濃度を更に10倍位に薄めたものを使う、

=== 買ってきたサボテンの場合、 ===

  • 枯らす原因の大多数は潅水のし過ぎ、
  • 寒い時期の休眠期は、水遣り不要、春になってからでよい、
  • 梅雨時期、秋の長雨時期は半断水で良い、
  • 霜、雪が直接掛からないようにする、成長点に掛かるとまず駄目になる、
  • 寒冷期は保温に努める、
  • 民家の栽培では、基本的に温室があればベスト、
  • 一般的には窓際の明るい窓辺が最適、
  • 梅雨明け時の日照や、秋の西日による日焼け対策には半日陰が良い、
  • それ以外の季節は充分日光に当ててやることが花をたくさん付けるこつ、

サボテンの原産地では、砂漠地帯であったり、少雨で乾燥した大地で、
種類によっては、山間部であったり、傾斜地であったり、環境は結構過酷なところが多く、
昼間は温度が上がり、夜間は0℃近くまで下がるのも珍しくなく、結構強い植物らしいです。

サボテンは、一般の草花ほど手が掛からず、透明感のある綺麗な花を咲かせることから、
近年栽培愛好家が増えて来ているとのことで、
是非サボテンの特性を知って、フアンになって欲しいとのアドバイスを戴きました。

スポンサーサイト
llama | URL 01/15 16:39 | edit
花遊悠さん、こんばんは^^

沢山の種類のサボテンが並びましたね~♪
実は、サボテンが大好きだったりしますの。

我が家のベランダにあるサボテンは、30年以上の物です。
年に2回、必ず綺麗な花を咲かせていますよ。
烈刺玉に近い『弁慶柱』という種類です。
現在、50㎝位でしょうか・・・ベランダサイズで止まってくれないと(^_^;)

トゲトゲなのに、花は物凄く妖艶で、しかも優しい花ですもの。
ファンが多いのも当り前ですかしらね(笑)


みっちゃん | URL 01/15 19:54 | edit
こんばんは~~♪♪
 立派なサボテンハウスですね。。
 そして、色々な種類のサボテンが有りますが、咲いたら見事でしょうね。。
 サボテンのお花は、本当に綺麗ですよね。。
 私も、大好きです。。
 以前には、持っていましたが、この棘棘がチョット、苦手ですから知人に差し上げました。。
 今は、見るだけにしています。。(笑)
 手入れ方法も、ご丁寧に有難う御座いました。。
 又、育てて見ようかな??(笑) 
llamaさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/15 22:10 | edit
お寒う御座います、
30年物50cm以上の『弁慶柱』をお持ちだそうで、凄いですね、
それくらいになると、相当大きな鉢だと思いますが、動かすのも厄介ですね、
年2回の花を咲かすそうで、綺麗なんでしょうね、
サボテンのヒダと、ヒダに付く刺のバランスがサボテンの姿の尺度と言いますが
個人の収集家の方でも、凄いサボテンを何株も持っておられる方も多いそうです、
サボテンの同好会の活動も聞いてきました、
個人で温室を持っておられる方も多いらしい、
収集家からのサボテン園への寄贈も結構あるらしいです、
大部教えて貰いましたので、失敗だらけだった私のサボテン栽培、
今からでも再チャレンジしてみてみたいと思います。
みっちゃんさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/15 22:20 | edit
寒い日が続きますね、
今晩も随分冷え込んでいます、
サボテンの刺が苦手で譲ったそうで、
私は枯らしてしまっていました、
育て方を少し教えて貰いましたので、今までの失敗が分かったような気がします、
知らない事とは言え恐いですよね、無頓着に、駄目なことを平気でやっていました、
ここのサボテンの株は、50~60年の株が多く、結構大きいですが子株も殖えており、
4月~5月頃には、沢山の綺麗な花の、写真が撮れると思います、
夜中にしか咲かない種類は無理ですが、皆花は綺麗ですからね、
又そのころ撮って来たいと思っております。
サボテンハウス
アルママ | URL 01/16 23:38 | edit
こんばんは。
立派なサボテン園ですね。
特別に暖房をしていないそうで、驚きました。
キンシャチが見事ですね。
サボテンの中でも、このキンシャチが一番好きです。
というより、他のサボテンを殆ど知らない(笑)
若いころ、小さなキンシャチを買って、大人の頭くらいまで大きくしたことがあります。
でも、狭い部屋にある大きなキンシャチのトゲは、小さな子供には武器になるので、人にあげました。
キンシャチがこんなに大きくなるとは・・・
あのままわが家にあったら、キンシャチの間が必要になった?(笑)
アルママさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 01/17 22:39 | edit
お寒う御座います、
大人の頭くらいの、金鯱(きんしゃち)を育てていたそうで、惜しかったですね、
小さなお子さんには、危険きわまりない刺がありますので、止む得なかったのでしょうね、
そのまま持っていたら、この写真のように、直径1m以上になっていたかも知れません、
この写真の物で60年以上の物らしいですよ、
色々教えて戴きましたので、今度は枯らさない様にやってみようと思っています。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/864-4a40763e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。