スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:2| edit

当地、明天寺公園入り口から、日本赤十字看護大学前、リサーチパークに掛けての市道沿いには、
凡そ2Kmに渡り、300本以上の、辛夷の木が街路樹で植わっています、
まだ疎らな開花の状態ですが、桜と同様、市内の辛夷の花の開花には、ばらつきが見られます、
満開時期は、真っ白の辛夷の並木道となります、木と木の間には、ツツジの木が、密植されており、
ツツジシーズンは、 見渡す限りのツツジ街道になります。

下は、旧唐津街道赤間宿、下屋敷エリアにある大きな屋敷の辛夷の木、ずいぶん大きく、7?8部咲き、
辛夷は春を代表する花木の一つです、紫木蓮、白木蓮と同じ木蓮(もくれん)科の樹木で、
遠目で見ると、辛夷は白木蓮に似た白い花を咲かせ、白木蓮と間違いやすい花姿です、
辛夷と白木蓮の違いは、辛夷の花の方が僅かに小振り、花びらの幅は白木蓮に比べ細めで全開します、
また、辛夷の花の付け根には若葉が有る特徴があり、白木蓮にはありません。

葉が出る前に、白い花を樹幹一杯に咲かせる姿は、遠目でも良く目立ちます、
枝はどんどん伸張し大きな木に成長します、
秋に、拳状のゴツゴツした細長い果実になり、熟すと裂けて中から赤い種子が出て来ます、
この果実の姿が命名に由来し、庭や公園、並木などで多く見られる花木です。

辛夷(こぶし)(105020 byte)

 科   名  木蓮(もくれん)科
  • 葉は長円形?長卵形で両端が狭く尖り、裏面は粉白色
  • 葉長 10cm程、葉っぱに先駆け枝先に芳香のある白色の花を付けます
  • 純白の花、花びらの幅は白木蓮に比べ細め、全開する
  • 花の大きさは、白木蓮より僅かに小振り
  • 花の根元に1枚の葉があることが特徴
  • 花弁の枚数 コブシは6枚、モクレンは9枚
  • 雄シベ 60本以上、雌シベ 30本位、螺旋状に配列されている
  • 螺旋状である植物は起源の古い植物と考えられる
  • 花後拳状のゴツゴツした実、中に紅い種子
  • 実の姿から「こぶし」と命名された

漢方・生薬

花の蕾を風通しのよいところで陰干しした物を生薬で和辛夷(わしんい)と言う、
中国産のモクレンの仲間の蕾を乾燥させたもの辛夷(しんい)と言う。

薬効

有効成分 シトラール、シネオール、オイゲノール等含有、
鼻カタル、蓄膿症、頭痛。

 属   名  モクレン属
 原 産 地  日本
 植物分類  耐寒性落葉高木
 樹高・草丈  10m?15m
 開花時期  3月?4月
 花   色  白
 花径・花序  約 10cm
 花 言 葉  歓迎、友情、友愛
 撮影月日  2011.3.21
 撮影場所  宗像市 

辛夷(こぶし)(114505 byte)

花芯部を覗いて見ました。

辛夷(こぶし)の花の花芯部(39677 byte)

コブシの花は、白木蓮とよく似ています、特徴は白木蓮に比べ、
花びらの幅が細く、少し小振り、花弁の枚数 コブシは6枚、モクレンは9枚、花冠はプロペラ状に全開します、
花の花床部分付け根に、緑の小さな葉っぱが、一枚付いています、
この葉っぱがある花が、コブシの花です、白木蓮にはありません、
花は葉に先立って開花します。

コブシの花の根っこの若葉、この若葉を持つ花がコブシの花(39583 byte)

撮影させていただいたのは、大きな屋敷の庭の辛夷の木で、随分大きく2階の屋根以上有ります。

辛夷(こぶし)木の全体像(118707 byte)

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/887-dde77c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
わずかな期間で蓄膿症の症状を改善させてさらには喉や歯の痛みまでも改善させてしまった自分でできる3分間蓄膿症改善術を知りたくありませんか?
もし、あなたが「副鼻腔炎・蓄膿症の苦しみから解放されたい!」と考えているのなら、今すぐこのプログラムに取り組んでみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。