スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

市道沿いの民家の庭で、ミモザアカシアの木が、目の覚めるような色の花を咲かせています。
鮮やかな黄色の、ポンポンの花を、球形房状花序を下垂させ、
樹冠一杯に、彩る姿は、大変素晴らしく、華やかです、
無数のポンポン状の、可愛いミモザの花は、春に5mm?8mmの鮮黄色の玉状の花を枝いっぱいに付け、
風でそよぐ様は、この時期の早春を彩る樹木です。

色鮮やかな、眩しいくらいの、黄色い花を、3月頃咲かせます、
花数はアカシアの中でも最も多く付ける種類で、
葉色が銀色系で、お辞儀草のような花で、合歓木の葉っぱに良く似る、
葉は2回羽状複葉で、先端の尖った小葉は20対近くあります、
切花やドライフラワーにも利用され、春の訪れを知らせてくれる花です。

ミモザとは、オジギソウのような葉っぱの植物を表す総称で、
一般的に銀葉アカシアを、「ミモザ」として扱われるようです、
他に、房アカシア、モリシマアカシア等もこの仲間です。

ミモザの花は、花弁は持たず、花に見えるのは雄しべで、玉状に房を作ります。
葉色が銀色系で、お辞儀草や、合歓木の葉っぱに良く似ており、
大変華やかな印象を与える花で、これらのアカシアの花は、
花だけ見ると、どのアカシアか見分けが難しいですが、葉っぱの付き方に違いがあるようです。

銀葉アカシアの葉は、二回羽状複葉、1箇所から3?5枚の葉片がつき、
葉片を構成する小葉の数は8?20対くらい、
房アカシアの小葉の数が30?40対です、
モリシマアカシアはもっと多いようです。

ミモザアカシア(71854 byte)

 科   名  豆科

  • アカキア属との表記も有りますが一般にはアカシア属と言われます
  • 初春に黄色い玉状の花を咲かせ切花やドライフラワーにも重宝されます
  • 合歓木に共通した葉っぱ
  • 若枝は細い毛
  • 若葉にも短軟毛
  • 葉裏は銀白色
  • 葉っぱは羽状複葉
  • 成長が早く2m以上に直ぐになり剪定は大事
  • 色は違うがお辞儀草と似た花姿
  • 濃黄色のポンポン状の花を、球形房状花序
  • ぽんぽん状の小さな花で、大きな房状にまとまり枝から下垂
  • ミモザは、花びらはなく雄しべの集まり
  • 一際長いシベが雌しべ、雄しべに先んじてシベを伸ばす
  • ポンポン状のシベが雄しべ、雌しべに遅れ伸張
  • 花は香水の原料にも利用される
  • 和名 銀葉(ぎんよう)アカシア

 属   名  アカシア属
 原 産 地  豪州東部
 植物分類  耐寒性常緑高木
 樹高・草丈  4m?7m
 開花時期  3月?4月初旬
 花   色  鮮黄色
 花径・花序  7mm?8mm
 花 言 葉  真実の愛、優雅、友情
 撮影月日  2011.3.27
 撮影場所  福岡県内 宗像市 

ミモザアカシア(60400 byte)

花は、木の大きさの割に大変小さく5?8mm、眩いばかりの輝きです、
但し木の大きさは、7m位にもなるミモザの木が、お辞儀草に比べ圧倒的に大きいです。
お辞儀草の花(最下部に参考写真貼付します)は一回り大きく、色はソフトなピンク色。

ミモザアカシア(54685 byte)

花は極小ですが房状に樹幹一杯に花を付けますので、何とも賑やかです。
雄しべに先んじてシベを伸ばす、一際長いシベが雌しべ、
雌しべに遅れて伸張する、ポンポン状のシベが雄しべ。

ミモザアカシア(42364 byte)

撮影した木の大きさは、凡そ5mくらいの大きさ、目が覚める様な鮮やかな黄色の花が一際目立っていました。

ミモザアカシア(113625 byte)

参考
お辞儀草の花 2008/10/03(Fri)投稿分流用、
開花時期 6月?10月、花色 ピンク、 花径 約 15mm?20mm、
この花の葉っぱは、開いている葉っぱを、手で触ると一瞬に閉じる特徴があります。
花言葉 敏感、繊細な感じ、感じやすい心。

お辞儀草(60848 byte)

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/891-1b98ac74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。