スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

例年GWの前後に姿を見掛ける、花筏(はないかだ)の花芽が芽吹き始めました、
花筏(はないかだ)は、ミズキ科の雌雄異株の落葉低木、
山地に生え、樹高は1m~2m程度余り大きな木ではありません。

特徴は、葉の中央部表面の、主脈の中央に淡緑色の四弁の花をつけます、
花の後は、径1cm前後の球形の黒い果実を付けます。

花筏(はないかだ)(37969 byte)

 科   名  水木(みずき)科
  • 林縁や林床に生息
  • 全株無毛
  • 葉は長さ6~12cm、長楕円形で互生、縁に浅い鋸歯
  • 雌雄異株
  • 花柱は退化、先端は3裂
  • 花は葉の主脈に花柄が付き淡緑色、子房下位、花弁は3-4枚
  • 雄花は複数の花を付け、雌花は通常一つ、稀に二つ咲く
  • 花弁は僅かに反り返る
  • 果実は液果、7月~8月に黒く熟し、甘味を有し食べられる
  • 若葉は山菜として、テンプラなどで食用可
  • 名前は、花の乗った葉をイカダに見立てた姿に因む
  • 葉と果実を下痢止め、根を咳止めなどに利用される
 属   名  ハナイカダ属
 原 産 地  日本、朝鮮半島、中国
 植物分類  落葉低木
 樹高・草丈  1m~2m
 開花時期  4月~5月
 花   色  淡緑色
 花径・花序  4mm~8mm
 花 言 葉  
 撮影月日  2011.5.1

こちらは、葉の中央部に、花芽が沢山着いている所から、雄花です。
雌花の場合、花芽は一つが普通です、稀に1~2、複数付ける場合もあります、
雌雄異株なので、実を付けるのは雌株のみで、実は黒く熟します。

花筏(はないかだ)(43019 byte)

展開している花弁は3枚に見えます、花冠径実測 7mm~8mm。

花筏(はないかだ)(38827 byte)

この木は幼木で、1m足らず、地味な花なので、葉っぱに、虫か、ゴミが付いているようにしか見えません、
良く見ておかないと見落とします。

花筏(はないかだ)(97444 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/933-5a8ba627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。