スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:6 | TRACKBACK:0| edit

神社境内の木立の中で、宝鐸草(ほうちゃくそう)の花が咲いています、
鳴子百合や、アマドコロと似た花姿で、やや日の当たらない場所を好む植物です。
草丈、凡そ30cm~60cmで、頭頂で枝分かれし、枝先に1個~3個の、
先端が緑色を帯びた白い釣り鐘状の花(花弁は合着しておらず筒状花ではありません)をつけます、

宝鐸草(ほうちゃくそう)は、蕾の時期は 鳴子百合やアマドコロに似て、判別が難しいですが、
花が開くと、寺院の軒先に下がる大型の風鈴、宝鐸(ホウチャク)に似るので区別がし易くなります。
ちなみに鳴子百合や、アマドコロは、さほど花を開かない違いがあります。
花は大変良く似ていますが、草姿、花の付き方、茎の形等々、個別の特徴が有りますので判別は容易です。
和名は花の形が、お寺の塔堂の軒先に下がる宝鐸に例えられた様です。
地味な花ですが、愛好者は多いようです。

下は、参道沿いに、ちらほら見掛ける宝鐸草(ほうちゃくそう)

宝鐸草(ほうちゃくそう)(105088 byte)

 科   名  百合(ゆり)科
  • 我が国の山野の林下に普通に見られる野草
  • 草丈は30cm~50cm程度、直立
  • 葉は互生、長さ5~15cm、幅1.5~4cmの長楕円形、目立つ葉脈は3~5脈、先端は尖る
  • 茎は上部で分岐
  • 茎の先端の葉腋から短い柄を出し2~3個の筒状釣鐘形の花を下垂
  • 花冠は平開せず、筒状花に見えるが、花被片は合着していない
  • 花被片は6枚、花弁 3枚+萼片 3枚 計6枚
  • 花色は白色、先端部分にかけ薄緑色のグラデーション、先端ほど濃い
  • 花は花冠長 20~30mm、花径15mm程
  • 雄しべ 6本、葯袋は黄色
  • 雌しべの花柱先端は3裂、子房上位で、子房は3室有す
  • 果実は直径1cmほどの球形の液果で黒紫色
  • 地下茎を延ばして先端に翌年の株ができる擬似一年草
  • 若芽には有毒成分含有、下痢・嘔吐症状を引き起こす、摘むと微かな悪臭有り
  • 花色が、黄花の黄花宝鐸草(キバナホウチャクソウ)有り
 属   名  チゴユリ属
 原 産 地  アジアの温帯地域
 植物分類  多年草
 樹高・草丈  30cm~60cm
 開花時期  5月~6月中旬
 花   色  白、黄色
 花径・花序  花径 15mm程
 花冠長 20mm~30mm
 花 言 葉  よきライバル
 撮影月日  2011.5.3
 撮影場所  宗像市 

茎頂で、枝分かれし、葉は長楕円形で長さ5~15cm、花は枝先に1~3個垂れ下がります、
花披片は合着しておたず、花被片は6枚は、花弁 3枚+萼片 3枚 計6枚、
花弁端は平開せず、長さ2.5~3cm、白色で先端が少し緑色を帯びています。

宝鐸草(ほうちゃくそう)(58794 byte)

境内奥部は原生林、道はなく、踏み込む人はおらず、勇気を出して入り込むと、
思わぬ山野草が発見でき、つまらぬ勇気が報われた気がします。

宝鐸草(ほうちゃくそう)(101260 byte)

甘野老(あまどころ)及び、鳴子百合(なるこゆり)は、明日の分に予約投稿しています。

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
お早うございます♪
コスモス | URL 05/13 09:21 | edit
ほうちゃくそうは、我が家でも裏庭に植えてあります。
こんなに増えるとは思っていませんでしたので、今ではちょっと後悔しています!
まだ、花は咲いていませんが派手でない色合いと、小さなお花が可愛いです。
少し、整理して鉢植えにしようと、思っています。
いつも、素敵なお写真を有難うございます!
こんばんは~♪
ken | URL 05/13 20:27 | edit
ホウチャクソウ~ですね。さっき、違う方の
プログでも紹介されてたので同じだ!
こうして見ると、高山植物のように?。。。
違うのかな??私は、初めて見たのですが、
この状態が花の咲いてる???でも、これじゃ~!
綺麗じゃないですね。不思議な花です。
コスモスさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 05/13 21:59 | edit
宝鐸草も栽培しているのですか、凄いですね、
私の旧友で、過日、樹木の剪定だとか、庭の手入れをする業者さんが来ているとのTELで、
見学がてら、遊びに行きました、
江戸時代から続いている旧家で、近隣でも特別大きな屋敷は土塀も凄く、
裏庭だけでも500坪以上、庭の奥は裏山に続いており、何処までが屋敷か解らないと、冗談を言っています、
裏山は、タケノコ、柿、桃等々、山野草も四季折々で一杯、私にとっては宝の山、
惜しげもなく、エンジン草刈り機+カッターで刈り取っていました、
丁度、見ていた場所には、甘野老が一杯で、
近くには蜜蜂の巣箱も据えており、時々自家製蜂蜜をご相伴に授かっています、
コスモスさんの庭も、こんなお庭なんでしょうね、
四季の草花に囲まれて、草花の手入れしながら、午後のティータイム、
そんな姿を想像しています。
kenさん、こんばんは、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 05/13 22:08 | edit
色がカラフルで、花姿の艶やかで、華やかな園芸種と違って、
こういう山野草は艶やかな派手さは無く、お世辞にも綺麗だとは言えないかも知れません、
花は、もう少し花弁端が開きますが、平開は致しません、

自然の厳しさの中に、健気に生き抜く、なんとも素晴らしいと思いませんか?
私は、花壇等で派手はでした、鮮やかな花は、撮らないことはありませんが、
山野草だとか、雑草扱いされている野草に、興味を持ちます、

古くから人間社会と深い関わりを持ち、
植物の持っている、色や形、香り、美しさは潤いを与え、補助的食料の時代もあり、
園芸療法に活用されたり、薬効でも貢献している植物達です、
人間の五感を刺激する花たちは、そこに存在するだけで、人を癒すセラピー効果も有ります、
見た目だけの綺麗さは、あくまでも、それを見る人の主観です、
厳しい自然界を生き抜いている植物達、
それぞれが、それぞれの、綺麗さ、素晴らしさを持っています、
色々な面で勉強させられたり、植物から教えられる事も度々です、
そんな目で、見てあげると素晴らしいと思います。
どうも有り難う御座いました。
植物って楽しいですね
waka | URL 05/14 00:06 | edit
こんばんわ

植物の中には、「毒にも薬にもならない」というのは、一つもなくて
その存在に意味のないものも、この世にひとつもない

最近、そんなことを思って植物を楽しみ始めましたよ
何も知らない、幼稚園生のような楽しみ方ですけど
wakaさん、こんにちわ、
Digital_Photo 花遊悠 | URL 05/14 14:50 | edit
wakaさん、良いコメント、
身に染みますね!!!良い言葉!!!仰るとおりですね、
私も、この年になって初めて知る、自然界の植物と人間界との関わり、
ニューカマーならではの、新しい発見を楽しんでおります、
恥ずかしながら、この年に為るまで、他の興味に気が向いていましたので、
もっと早く気が付いていればと、思う時もありますが、
今からでも遅くはなく、マイペースの自分の世界をと取り組んでいます、
職場の仲間も、専門分野の私と、従来の趣味のギャップから、
驚いた目で見られますが、多くの同僚に応援もして貰っています、
wakaさんも、その気持ちを大事に、お楽しみ下さい、
有り難う御座いました。
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/936-49561b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。