スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

花のクリオネと言われる、ファンシーな草姿のテウクリウム・フルティカンスが開花しています、
ラベンダー色の花が、
流氷の海に漂い舞う「流氷の妖精」、クリオネに似ていると言われ、
なんとも、メルヘンチックな、可愛らしい名前をあてがって貰ったものです。

テウクリウム・フルティカンスと、とても覚えにくい難しい名前ですが、
一般には、ツリージャーマンダーとして流通しております。

テウクリウム・フルティカンス(85720 byte)

 科   名  紫蘇(しそ)科
  • 耐寒性、-5℃程度まで可
  • 葉は楕円形、灰緑色、葉には芳香有り
  • 若い枝、葉はシルバーの毛で覆われ灰緑色
  • 古くなった葉の上面の毛は脱落し濃緑色
  • ラベンダー色の花
  • 雌しべ 1本、雄しべ 4本
  • 下唇弁が3裂、クリオネの形に似ている
  • 別名 クリオネ、ツリージャーマンダー
  • 英名 ツリー・ジャーマンダー
 属   名  テウクリウム属
 (ニガクサ属)
 原 産 地  地中海沿岸西部
 植物分類  耐寒性常緑低木
 樹高・草丈  1m前後
 開花時期  4月~5月
 花   色  淡青色
 花径・花序  25mm~30mm
 花 言 葉  
 撮影月日  2011.5.21
 撮影場所  宗像市 

この花の一寸見は、同じ紫蘇科のローズマリーを大型にした花に見えます、
このテウクリウム・フルティカンスの方が、2回り3回り程大きく存在感があります。

テウクリウム・フルティカンス(43496 byte)

ラベンダー色の花は、一本の雌しべ、四本の雄しべが上へ突き上げ、下唇弁が大きく三裂しています、
この三裂している下唇弁が、流氷の海に漂い舞う、クリオネを想像させる所から、別名にもなっております。

テウクリウム・フルティカンス(49650 byte)

少し引いてみます、未だ花数は少なく、この株は割と大柄、1.5m位はあります。

テウクリウム・フルティカンス(112739 byte)

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/951-0f21a386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。