スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

空木(うつぎ)は、雪の下(ゆきのした)科、ウツギ属の落葉低木です、
枝先に円錐花序を出し、5弁の小さな白い花を多数つけるお馴染みの花木です。
別名が卯の花(うのはな)で、
小学生唱歌「夏は来ぬ」で、「卯の花の匂う垣根に・・・」と歌われている、あの卯の花(うのはな)です。

空木(うつぎ)の、茎や枝の髄が中空になっているのが特徴で、夏の訪れを知らせてくれる花です、
空木の仲間の種類は多く、林縁や公園樹や生垣としても多く見掛け、花付きが良く、樹姿も良く似ています、
微香の花には、蜂など沢山の昆虫が群がっているのを見掛けます。

空木(うつぎ)(47764 byte)

 科   名  雪の下(ゆきのした)科
  • 空木の種類は多く、主に純白色の小さな花を咲かせる種類が多い
  • 茎や枝の髄が中空になっている
  • 樹皮は灰褐色
  • 葉には毛が有り楕円形から卵状披針形、先端は尖り、やや厚い皮質に鋸歯、対生
  • 枝先に円錐花序、花には微香の白い花
  • 花弁は5枚、雄しべ 10本、雌しべ 3~4本
  • 雄しべの花糸の両側に、肩部を突き出した形の、翼片が付いている
  • 実は、中央部から軸が突き出て、独楽の様な形をした形状
  • 熟した実は、下部が裂け種子が散布される朔果で3~4裂します
  • 材質は硬く、木釘、楊枝や各種木工製品の材料に利用
  • 和名は、幹の髄が中空になっていることから、
    又一説には、卯月に花を咲かせる事からとも言われています
  • 別名 卯の花(うのはな)、雪見草(ゆきみぐさ)
 属   名  ウツギ属
 原 産 地  日本、中国
 植物分類  耐寒性落葉低木
 樹高・草丈  1m~2m
 開花時期  5月~6月
 花   色  白、ピンク
 花径・花序  約 1cm
 花 言 葉  謙虚
 撮影月日  2011.6.4
 撮影場所  宗像市 

枝先に円錐花序を付け、芳香の白い花を咲かせます、花は5弁花、雄しべ 10本、雌しべ 3~4本、
雄しべの花糸が特徴で、花糸柱に翼片が付いています、
一般的には、黄色の葯を支える花糸は、細い花糸ですが、
空木の場合、下の写真のように、花糸が横広の翼片状で、
その翼片上部の肩部が、花床部下部より大きく、張り出しているのが、空木(うつぎ)の特徴です、
また、雌しべも3本見えます。

空木(うつぎ)(21207 byte)

空木(うつぎ)(96807 byte)

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/967-7d6fef68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。