スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | COMMENT:0 | TRACKBACK:0| edit

梅雨時期に入ると、フェイジョアの花が目に付くようになります、
花がグァバに似て、果実がパイナップルの香りがする事から、パイナップル・グァバと呼ばれ、
反り返った花弁の、紅白の着飾ったカラーリングに、直立した紅色の雄しべが大変目立つ花です。

フェイジョア(100017 byte)

 科   名  フトモモ科
  • 葉は卵形で分厚く、対生
  • 花弁は分厚く4枚、白い繊毛に被われ、内側は薄紅紫色
  • 開花後に花弁は内側にカールする性質が有り、徐々に下側に強く反り返る
  • 雄しべの花糸 鮮紅色で長く良く目立つ、葯 金色
  • 雄しべの花糸は、根元が太く先端ほど細い
  • 雌しべの花柱 暗紅黒 表面に産毛を持つ、柱頭 暗黄色
  • 雌しべの花柱 先端は細く花床部ほど太い
  • シベは、全体に根元ほど太く先端程細い構造
  • 全体に、繊細な感じと言うよりもトロピカルな感じ
  • 10月には緑色の実、果実 5cm~6cm、レモンを少し丸くした感じ、梨に似た食感
  • 果皮は緑色パイナップルに似た芳香、果肉は薄いミカン色、ジェリー状
  • 果実は生食やジャムに加工
  • ジェリー状の果実はスプーンで、すくい取り、食す
  • 別名 パイナップル・グァバ
 属   名  フェイジョア
 原 産 地  南米
 植物分類  常緑低木
 樹高・草丈  4m~5m
 開花時期  6月
 花   色  内面が薄紅紫色
 花弁裏側 白
 花径・花序  花 凡そ 4cm
 花 言 葉  実りのある人生
 撮影月日  2011.6.18
 撮影場所  宗像市 

四弁花の花は特徴的で、
花弁は分厚く外側は白い繊毛に被われ、開花後に花弁は内側にカールし、徐々に下側に強く反り返ります、
鮮紅色の長いシベと、黄色の葯が大変目立ち、臭いを嗅いでみましたが全く臭いません。

フェイジョア(55892 byte)

花弁は内面が薄紅紫色、鮮紅色の沢山の長いシベが大変目立ち、
花糸、花柱とも、花床部ほど太く先端に掛けて絞られ、繊細な感じは無くトロピカルな感じの造りです。

フェイジョア(69650 byte)

撮影 コンパクトデジカメ

スポンサーサイト
COMMENT writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://hanakikousikinohana.blog120.fc2.com/tb.php/992-28e1f9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。