スポンサー広告 | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

雪ノ下(ゆきのした)

雪ノ下(ゆきのした)(86567 byte)

雪ノ下(ゆきのした)(69562 byte)

雪ノ下(ゆきのした)(67319 byte)


ニゲラ(黒種草)

ニゲラ(黒種草)(137912 byte)

ニゲラ(黒種草)(76888 byte)

ニゲラ(黒種草)(77295 byte)

ニゲラ(黒種草)(98634 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

浪花茨(なにわいばら)

浪花茨(なにわいばら)(113781 byte)

浪花茨(なにわいばら)(57603 byte)


下は別の場所の浪花茨(なにわいばら)。

浪花茨(なにわいばら)(114026 byte)

浪花茨(なにわいばら)(49315 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

一葉たご/なんじゃもんじゃの木の白い花が目立つ季節となりました、
樹幹一杯に真っ白い花が咲き、まるで雪が積もった様な、美しい光景が見られます、
真っ白い、リボン状の花が絡まって咲く様は、とても綺麗です、
清楚で、清々しいイメージは、、公園や街路樹として良く目にする樹木です。

一葉たご(なんじゃもんじゃの木)(128553 byte)

一葉たご(なんじゃもんじゃの木)(125335 byte)

木犀(もくせい)科、ヒトツバタゴ属、中国原産、落葉高木 樹高 10m-20m、
開花時期 4月-6月、花色 白色、花径 30mm-35mm、花型 十字形花冠、生育場所 公園、並木樹
花言葉 清廉。

一葉たご(なんじゃもんじゃの木)(62769 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

紅空木(べにうつぎ)

新緑の季節になると、ウツギの仲間の花の開花が見られ始めました、
箱根ウツギに先行して、濃紅色の花が枝にびっしりの、紅空木(べにうつぎ)の開花が始まりました、
紅空木の花は濃紅色で、谷空木の花の色の、特に赤いものから改良した、園芸品種と言われています、
名前の由来は、幹が中空である事からと言われ、自宅の箱根空木の剪定した切り口で確認してみました。

幹から枝別れしている、太い枝部分は、
幹に近い部分で5cm、中空部分1cm、
枝の先の細い部分で1.5cm、中空部分で0.8cm、
さすがに幹に近い、太い枝部分は中空部分の比率は低く、凡そ20%、
枝の先のほうは、中空部分の比率が高く、凡そ50%が中空となっていました。

紅空木(べにうつぎ)(105427 byte)

吸葛科(すいかずら)、タニウツギ属、落葉広葉低木、樹高 2m-3m、
開花時期 4月~5月、花色 淡紅色~濃紅色、花径 2~3cm前後、花型 散房花序 漏斗形花冠、
生育場所 公園、庭、花言葉 豊麗。

紅空木(べにうつぎ)(77211 byte)

花は、花弁端5浅裂、5弁花に見える漏斗形の花です、
雄しべ 5本、雄しべは、花冠筒内側に沿って開出し、
葯のつき方は、振動による花粉散布、もしくは風媒花に見られる底着形、
雌しべは1本、雌しべの花柱は細く長く、花冠先端外まで長く飛び出し、
柱頭は、可成り太めで、重みからなのか、花冠端下面にうなだれる様に着きます、
花糸、柱頭は紅色 葯、柱頭は乳白色です。

紅空木(べにうつぎ)(55666 byte)


唐種招霊(からたねおがたま)

開花が始まったばかりの、唐種招霊(からたねおがたま)、近くに甘い香りを漂わせています。

唐種招霊(からたねおがたま)(186010 byte)

唐種招霊(からたねおがたま)(76428 byte)


金木犀挿し木

ご近所さんから金木犀の枝を、昨年の秋、花の終了時に戴いた分を挿し木にしておきました、
冬季の休眠直前の、挿し木には不適当な時期だったみたいで、10本全滅で失敗に終わりました、

今年に入り、3月末に新芽が伸び始めた枝を、再度戴き挿し穂としておきました、
前回上手くいかなかったので、今回も当てにはせず、土を乾かさない程度に水を与えていましたが、
凡そ1ヶ月ほど経過、

今回は前回と違い、付いていた葉っぱは落ちていましたが、小枝の数カ所から新芽が伸び始めています、
当てにしてなかっただけに、上手くいきそうな気配に、しめしめと嬉しさがこみ上げてきます、
未だ安心できませんが、上手くいけば挿し穂6本が期待できます。

未だ成功したのかどうか怪しいですが、気の早い山中間から、自分の一本を残して、先行予約があり嫁入り先が決定です。

金木犀挿し木(39637 byte)

金木犀挿し木(32410 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

鳴子百合(なるこゆり)

標高が高い山腹では、開花は少し遅れ気味。

鳴子百合(なるこゆり)(178663 byte)

下は我が家の庭の鳴子百合(なるこゆり)

鳴子百合(なるこゆり)(71129 byte)


立浪草(たつなみそう)

立浪草(たつなみそう)(105224 byte)

下は白花種。

立浪草(たつなみそう)(58553 byte)


黄花片栗(キバナカタクリ)

黄花片栗(キバナカタクリ)(95731 byte)


白雪芥子(しらゆきげし)

白雪芥子(しらゆきげし)(146241 byte)

白雪芥子(しらゆきげし)(62547 byte)


一輪草(いちりんそう)

一輪草(いちりんそう)(51857 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

采配蘭(さいはいらん)

采配蘭(さいはいらん)がぼちぼち見られます、ほとんどがツボミばかり、
一週間もすれば近くに、沢山見られるようになりそうで、今週末が撮り頃かと思います。

采配蘭(さいはいらん)(163065 byte)

采配蘭(さいはいらん)(125217 byte)


宝鐸草(ほうちゃくそう) 凄い群生しています。

宝鐸草(ほうちゃくそう)(152450 byte)


関東蝮草(かんとうまむしぐさ) 山道の斜面、数多く点在。

関東蝮草(かんとうまむしぐさ)(137357 byte)


武蔵鐙(むさしあぶみ) 此方も数多く点在。

武蔵鐙(むさしあぶみ)(138870 byte)


筆竜胆(ふでりんどう) 咲き遅れの筆竜胆(ふでりんどう)、疎らに見掛けます。

筆竜胆(ふでりんどう)(68514 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

GW期間中の当地の低山、縦走路三つ目のピーク、ここはロープ伝いの可成りの縦走路である、
この縦走路に近い沢沿いは、例年季節の草花が楽しめる場所です、
例年5月の撮影記録に残っている、銀竜草(ぎんりょうそう)が、早くも見られます。

山地の、やや薄暗い林内に生える菌根植物(腐生植物)の、銀竜草(ギンリョウソウ)は、
我が国の各地、朝鮮半島や中国、台湾それにインドシナ半島、サハリンに分布し、
イチヤクソウ科の多年草です。

菌根植物(腐生植物)ですが、れっきとした草の仲間で、
キノコのように暗い湿った場所を好み、透き通った花姿で、葉緑体を持たず、光合成をする能力が有りません、
葉緑素を持たない為、色素が無く、透明感のある白色の花姿をしています。
もっぱら落ち葉の積もった森に根を張り、この根に有機物を分解する菌類が共生して、
栄養分を、この菌類を経由して得ることにより成長する共生植物です。

初夏から夏にかけて、複数の花茎が、まとまって地上に出し、Max 10cmほどになります、
葉は退化して鱗片状、茎に楕円形の鱗片の茎姿を持ち、
花茎の先端に、横向きか、やや俯き加減の、一輪の円筒形の花を咲かせます、
花期は5月~8月、
別名 幽霊茸(ユウレイタケ)。

銀竜草(ぎんりょうそう)(141116 byte)

イチヤクソウ科、ギンリョウソウ属、日本、朝鮮半島、中国、台湾、インドシナ半島に分布する腐生植物で多年草、
草丈 Max10cm、開花時期 5月-8月、花色 白(白濁色)、花径凡そ10mm、花型 壺状円筒形、
生育場所 山地の林床及び、湿り気のある林中、
花言葉 はにかみ、そっと見守る。

銀竜草(ぎんりょうそう)(84394 byte)

昼なお薄暗い山中、山腹の窪地に堆積した、小枝や枯れ葉が朽ち、腐葉土みたいになっている場所、
足を踏み入れると、靴が枯れ葉に埋もれる感じの、ふわふわした腐葉土環境です、
加えて、北+西風等が直接当たらない山陰等が、生息に適しているように感じます、
生育場所を選ぶ植物だけに、環境に大いに影響受ける植物みたいです、

この場所も、縦走路ピークとピークの間の南東側斜面窪地で、掘り状になっている場所で、
写真で判るように、大変な急斜面、真っ直ぐには立てず、近くの木の根っこを踏み台にしないと、滑り落ちます、
急斜面だけに、10cmに満たない低い草丈の撮影も、下から見上げる角度で、何とか撮れる被写体です、
白く浮かび上がるように咲く、小さな花は、意識していても、見落としそうな佇まいです。

銀竜草(ぎんりょうそう)(127738 byte)

花茎には鱗片状の葉が取り巻くように付いており、花茎が伸びるに連れて花茎の最上部の花びらが開きます。
透き通るように色合いで薄っぺらい感じながら、摘んでみると、見かけより弾力があり、硬い肌触りです、
葉緑素を持た無いため、シベを除き色素が無く、透明感があり、全体が透けた白色の花は、キノコのような様相です。

茎先の花は壺状円筒形、横向きか俯き加減、先端がやや広がる花を、1個つけます、
花冠面からは雄蘂と雌蘂が僅かに見え、雌蘂の先端は円形で平たく、紫色を帯び、雄しべは黄色です。

銀竜草(ぎんりょうそう)(92248 byte)

腐葉土から頭を出したばかり、透けるような色合いでした。

銀竜草(ぎんりょうそう)(47781 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

山頂の城址、今年のGWの前半は、良い天気に恵まれ、家族親子連れ、カップル、グループでの姿を多く見掛けます、
昼食を済ませ、本丸址、主郭、南西、北東尾根に伸びた尾根の曲輪群で構成された台地を散策です、
二の丸址の台地周辺には、咲き遅れの筆竜胆が点在しており、遅い春が垣間見えます。

二の丸址周辺に寒葵(かんあおい)の株が点在しているのに気が付きました、
馬の鈴草(うまのすずくさ)科、カンアオイ属の寒葵(かんあおい)は、
東アジアを中心とした、温帯に広く分布する多年草で、山地や森林の林床に生育します、
国内にも多くの種類が存在し、生息地ごとに異なる多種多様な品種が見られる様です。
葉は濃緑色の常緑、卵状楕円形、互生、葉先は鈍三角形状で尖り、葉の表面には白っぽい雲状斑が有り、
葉だけが茂っており、草丈はせいぜい10cmほどです。

春期に、地上に接するように、葉の陰に隠れた花姿、直径2cmほどの、暗褐色の筒型の花を数個付け、
特有の臭気があるようですが、撮影中には特段の臭いは感じませんでした、
短い花茎は、地上に接して付くので、茎は立ち上がりません、
花に見えるのは花弁ではなく、花筒を形成する萼片、
3枚の萼片は筒状、花冠端が波型に開き、内側に格子状の隆起線が有り、
雄蕊は12本、雌蕊は6本、暗褐色の花は、お世辞にも綺麗な花とは言えません、
地域絶滅が危惧される種だと言われる花です。

寒葵(かんあおい)(148570 byte)

葉っぱの傘の下のため、葉っぱを少し持ち上げ、撮らせていただきました。

寒葵(かんあおい)(85121 byte)


大きな木の根っこ、葉柄が少し長く立ち上がっていますが、葉の陰になり、やはりこのままでは写真には撮れません。

寒葵(かんあおい)(127775 byte)

手前の葉っぱを少し避けて撮らせて貰いました。

寒葵(かんあおい)(89050 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

登山道林縁の藪の中に、藤(ふじ)の花が花穂を伸ばしており、山藤(やまふじ)の様です、

山藤(やまふじ)は、豆科、フジ属の蔓性落葉木本、
山野に生える山藤(やまふじ)と、一般に見かける野田藤(のだふじ)が有り、
山藤(やまふじ)は、蔓が左巻き、小葉は 11枚、
野田藤(のだふじ)は、蔓が右巻きで、小葉の数は多く、11 ~19枚と違いがあります、
一般に藤棚で見掛ける藤の花は、野田藤(のだふじ)で、花房は1mを越す場合も珍しくありません、

この山藤は、野田藤ほど長く垂れ下がらず、写真の花房で手のひら一杯に広げたほどで、22~3cm程です、
多分長く垂れ下がってても、精々30cmくらいではないかと見えます、
GWの前後に掛け、各地の藤棚の藤の花が満開を迎えつつありますが、山野で見かける山藤もお奨めです。

山藤(やまふじ)(150714 byte)

山藤(やまふじ)(61658 byte)

山藤の花は、一般の野田藤に比べても大きな違いはなく、僅かに大柄な感じで類似しています、
花房は長く垂れ下がる感じはなく、丸っこく、モコモコした感じです。

山藤(やまふじ)(52623 byte)

山藤(やまふじ)(53534 byte)

下は、溜め池湖畔で撮った山藤の花。

山藤(やまふじ)(125071 byte)

Blog Community:花の写真 - 写真 | 四季の花 | edit

山中は、海老根(えびね)の仲間が至るところで点在しています、
本日のトレッキングルートでは、この時期嬉しい点在で、つい歩を止めて、カメラを構えてしまいます。

黄海老根(きえびね)(143372 byte)

黄海老根(きえびね)(68147 byte)

黄海老根(きえびね)(143320 byte)

黄海老根(きえびね)(141752 byte)

黄海老根(きえびね)(148653 byte)

黄海老根(きえびね)(151837 byte)

海老根(えびね)(125525 byte)

下二枚はデジ一にて撮影、普段は重いので滅多に持ち歩かないのですが、
レンズにカビを生やさないよう、たまには風に当てるよう保守を狙っての持ち出しです。

海老根(えびね)(84136 byte)

海老根(えびね)(32288 byte)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。